浮気・不倫で慰謝料請求を法的に勝ち取る必勝マニュアル

お金

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫法的に言えば

不貞行為となり結婚相手(婚姻関係)

以外の者と継続的な肉体関係を持つことで

デートやキス程度では不貞行為となりません。

 

しかし現実的に不倫した男女が

デートやキスだけで終えるとは

到底考えられないことにて

不倫肉体関係と見て良いでしょう。

 

ここでは不貞行為不倫として解説しますが

不倫した夫や妻と不倫相手に対し ては

慰謝料請求のような法的責任を負わすことが可能です。

 

そもそも法的に結婚した夫婦は

お互いが協力し合い扶助しなければならない義務があります。

 

その中には人として正しく性的純潔の貞操を守る義務も含み

配偶者以外の異性との肉体関係を持つことを法律は禁じています。

 

不倫による慰謝料請求では

この法的不貞行為を具体的に

特定し証明することが重要になります。

 

不倫の期間

 

いつから不倫をしているのか

どれくらい不倫が続いているのかは

慰謝料請求の金額算定にあたっても

大きな要素となり重要な事項となります。

 

1回の不倫に比べ5年以上に渡る不倫

精神的損害が大きい判断されますし

開始期間により慰謝料請求の金額も変わります。

 

よって、いつから不倫しているのか

どれくらい続いているのか

どれくらいのペースで何回とまであれば更に良いです。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

 

あくまでも不倫での慰謝料請求のポイントは

継続的肉体関係の証拠をもった立証です。

 

証拠としては次のようなものが有力です。

 

  • 写真やビデオ
  • メールやLINE
  • 録音テープ
  • ホテルなど領収書
  • クレジットカード明細
  • 通話履歴

 

夫婦関係の破綻

 

不倫が原因で円満だった夫婦関係が破綻した

このような場合も慰謝料請求のポイントとなります。

 

不倫が始まる前は夫婦関係が円満であったのに

夫や妻が不倫してからというもの

夫婦関係が破綻したということを立証します。

 

それを立証する有力な証拠としては

不倫される前まであった夫婦間での性生活が

不倫されるようになり拒否され性生活がなくなったとか

不倫されてから家庭を顧みず

家族の時間を失ってしまったなどで

そのような経緯を何らかの形で残すことが大切です。

 

例えば、不倫される前の仲の良い

  • 写真
  • ビデオ
  • メール
  • 日記

などです。

 

精神的障害

 

不倫により精神的な苦痛や精神的損害を受けたことも

慰謝料請求をする立派な理由となりますので証明しましょう。

 

精神的苦痛に対して慰謝料の支払いを求める場合

それを裏付ける為の証拠が必要となります。

 

その証拠で有力となるのは

通院を要するという精神的障害が

慰謝料の金額を高める要素となります。

 

病院に通う程の苦痛を受けた事を証明するには

必ず医師からの診断書を交付してもらうことが大切です。

 

浮気不倫慰謝料請求を法的に勝ち取るには

先ずは探偵依頼など不倫の証拠を集めてから

弁護士に依頼することが大切となります。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る