浮気不倫で弁護士に相談するタイミングとは!?

弁護士

夫の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫弁護士

いつ相談・依頼すれば良いのか

そのタイミングについて書きます。

 

そもそも弁護士に相談するということは

裁判有りきでの状況になるかと思われます。

 

浮気不倫離婚慰謝料請求など

次の順序が一般的と言われております。

 

  1. 浮気調査
  2. 協議
  3. 調停
  4. 裁判

 

先ずは探偵で浮気調査をして

証拠を集めることが必須となります。

 

そして集めた証拠をもとに

浮気した夫や妻と協議をします。

 

有利に離婚する方法▶

妻の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

協議で解決できない場合は

弁護士に相談・依頼してから調停に入ります。

 

調停でも解決しない場合は

弁護士に依頼して裁判となります。

 

本人同士での協議は別として

調停裁判で有利に事を運ぶには

相当の法律知識が必要となります。

 

特に浮気不倫の場合は

離婚慰謝料財産分与親権問題など

弁護士への依頼は不可欠だと言っていいでしょう。

 

結論を簡単に言えば

次の2つだけです。

 

1:探偵に依頼し浮気調査(証拠集め)

2:弁護士に依頼し離婚慰謝料財産分与親権(調停・裁判)

浮気していなかった・浮気の証拠が取れなかった・全て無料の安心安全な探偵▶

浮気不倫を暴くプロ集団▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

浮気不倫を他人に暴いてもらう方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る