浮気不倫で離婚!離婚する方法!協議離婚・調停離婚・裁判離婚

離婚

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

夫や妻に浮気不倫をされ

離婚を決意した方や

離婚を検討中の方はど

離婚を考えるには

先ず離婚する方法を理解することです。

 

離婚する方法

 

離婚する方法としては

大きく分けて次の3つの方法があります。

協議離婚

調停離婚

裁判離婚

以上の3つです。

 

協議離婚

 

離婚の多くの場合は

協議離婚によって終えますが

浮気不倫が原因の場合は

金銭的な問題で困難となる場合もあります。

 

子供の親権や養育費や財産分与や

浮気不倫で肝心な慰謝料請求などの

離婚にまつわる全ての条件 が

夫婦の間の話し合いでまとまれば

第三者を介すことなく離婚が成立します。

 

ただし、口約束だけで約した条件が

履行されないこともあり

後にトラブルになることも多いので

離婚条件など協議内容は文書にして

双方が署名押印をするようにしましょう。

 

また、公正証書を作成しておけば

後に裁判になっても安心できます。

 

調停離婚

 

夫婦の何れかが離婚に同意しない場合

同意しても慰謝料など条件で折り合わない場合

家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

 

家庭裁判所では調停委員を通して

離婚するか、しないか」

離婚する場合の条件をどうするか」

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

といったことが調整されて

最終的に両方が合意することで

離婚 が成立します。

 

調停の期間は

1~2ヶ月に1度ほど開かれます。

 

裁判離婚

 

離婚調停が不成立となった場合には

最終的な方法として裁判となります。

 

協議離婚調停離婚の場合は

あくまでも話し合いの手続きでしたが

裁判 離婚では法律上で定められた

離婚原因がないと離婚できません。

 

したがって、法定の離婚事由がない場合や

離婚原因を作った配偶者 (有責配偶者)の

離婚請求の場合が離婚が認められません。

 

よって、夫や妻の浮気不倫が原因で

慰謝料など含む離婚請求する場合には

それ相応の確固たる証拠が必要不可欠となります。

 

確固たる証拠の有無により

離婚の結果は大きく異なります。

 

協議離婚調停離婚にしても

確固たる証拠があれば

優位な立場で望めます。

 

また、協議離婚調停離婚が不調に終え

いざ、裁判離婚となり

急ぎ証拠を集めようとしても

離婚協議してから浮気不倫の実態を晒すなど

相手も、そんな馬鹿ではなく、時は既に遅しです。

 

よって何れにしても

浮気不倫に関しては

最初から専門の探偵などへ相談し

証拠集めすることが離婚するために

先ず行う最も大切なことだと言えるでしょう。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る