不倫賛成派VS不倫反対派 徹底討論&泥沼離婚体験談

ワインを飲む男女

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

あなたは不倫していますか?あなたは夫や妻に不倫されていますか?不倫に賛成ですか?不倫に反対ですか?不倫に対する善悪は別として賛否両論があるようです。そんな不倫賛成派の意見と不倫反対派の意見を交えて不倫泥沼離婚体験談という不倫ネタを紹介します。

男性の場合は殆どの方がバレずにチャンスあるなら不倫してみたいという方が圧倒的に多いかと思われますが、女性でも「昼顔」というドラマの影響か否か不倫願望を持つ方が大多数を占め多くなっています。

不倫をするキッカケとなる最大の原因は「セックスレス」にあるようです。夫婦生活をおくる上で「セックス」という行為は大切だと考える人と「セックス」に意味を感じないという人とで結果は大きく異るようです。ちなみに「セックス」に対し絶倫の方は間違いなく不倫したいと思っているようです。

それでは不倫の結末とも言える泥沼離婚体験談を添えて詳細をご確認下さい。

大ヒットドラマ「昼顔」以降、世の中には密かな不倫ブームが続いているようです。
最近、セックスレスや産後クライシスなどなど、結婚後の問題も明るみになっているため、不倫の罪悪感をうまく自己処理している男女も多いのではないでしょうか。
いってしまえば反道徳的なこの行為ですが、実際のところ“まだ未遂”のママ達はどう思っているのでしょうか。

■不倫してみたい派
まずは、不倫はしていないけれど機会があればしちゃうかも…というママ達の声を紹介していきます。

・「旦那とは子どもを産んでからまともにセックスしていません(子ども4歳)。最近、女としてこのままずっと一人ぼっちなのかなと思ったら悲しくて…、機会があったら絶対グラついてしまうと思います」(35歳/専業主婦)

・「周りのママ友にもしている人がいるので抵抗感はありません。逆にしてみたい! でも、実際にやったらパパに対して異常に優しくなりそう」(37歳/育休・主婦)

・「実は今、恋しています。相手はよく行くお店の店員さんで、今は観賞用と思ってトキめいています。もし向こうからきてくれたら、断る自信はあまり無いかも…」(40歳/自営業・主婦)

男性が“モテ”にステータスを感じるのに対し、女性の不倫は“旦那との関係悪化の逃げ道”として使われているのがよくわかる意見が集まりました。
あなたは悪魔の誘惑があったとき、きちんと対応できる自信ありますか?

■やっぱり不倫はダメ派
続いては、それでも不倫はダメ!子どもの事や生活の事を考えたら踏み外してはいけない!考える女性たちの声をご紹介します。

・「そのセックスには、子どもと夫と安定した生活を手放す価値があるのかって考えると、全然する意味を感じない」(29歳/自営業・主婦)

・「いつか自分に悪事が帰ってくる気がして絶対できません」(38歳/専業主婦)

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

・「友達が不倫が原因で離婚してしまい(不倫相手とも破局)とても大変そうだったので、私にはできないなって思います」(34歳/パート主婦)

みなさんしごく真っ当な意見です。不倫は常にお金や家庭崩壊のリスクを孕んでいますから、冷静に自分の日常への感謝を思い出すことがまずは大事です。

■絶賛W不倫中の女A子の話
賛否ある不倫に対する考え方ですが、今回、W不倫の末に離婚し、ドロドロ別れを経験した女性の話を最後にご紹介します。

そろそろ子どもを作るか迷っていた30歳のA子さんと、2児のパパで会社の同僚のB男さん36歳が急接近したのは会社の飲み会でした。子どもを作ろ うかと迷いつつも、夫との関係がすれ違っているという話をしたのをキッカケに、夫婦関係の悪い者同士意気投合。酔いも手伝って、あっという間にベッドイン したそうです。
デートは、会社終わりに食事をしてホテルに行くか、週末外へ出かけるかの2パターン。子どものいないA子さんと、専業主婦を持つB男の二人には、週2回のデートは高いハードルではなかったと言います。
そ んな関係が数ヶ月続いたある日、A子の夫に不倫がバレかけます。その場は何とか否定し収まったものの、今までの夫婦関係のすれ違いもプラスされ、A子は離 婚することになってしまいました。もちろんB男は大歓迎し、不動産探しや家財道具の選定など、A子の再スタートを応援しつつ、二人の関係は続いていきま す。
W不倫から普通の不倫に変化した関係はそのまま1年を過ぎ、B男もそろそろ離婚かと思っていた矢先、だんだんと関係がほころびていきます。
あ る日、たまたまB男への奥さんからのメールを見てしまったA子は、B男から聞いていた話よりもずっと良好な夫婦関係の空気が流れていることを察知。B男は 否定したものの、それをキッカケに関係はギクシャク。ことあるごとに奥さんに振り回されるB男の姿にA子も次第に苛立つようになり、二人の関係は悪化。2 年ほどで不倫関係は終了したそうです。

当時を振り返り、A子は「私の離婚はB男がいてもいなくても成立していた話だと思うから後悔はありません。でも離婚した後のB男との関係は、楽しい反面辛さの方が大きかったので、今思うとする意味はなかったなと思います」と話してくれました。

子どもがおらず、まだ30歳という年齢だから始まった不倫だとは思いますが、B男が出現していなければ夫婦関係は修復されていた可能性もあり

ます。
そう思うと、不倫関係ってどんな年代や家族構成の方でも、やっぱり不毛…と思わざるを得ません。

<プロフィール>
おおしまりえ
雑食系恋愛ジャーナリスト/イラストレーター
10代より水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。無自覚の気持ちを見抜く観察眼と、男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動。大手メディアを中心に年間100本以上恋愛コラムを執筆中。

写真© Monet – Fotolia.com 写真:暮らしニス 出典:ネタりか

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る