浮気調査で白なら0円▶

妻子ある男性と不倫「妻とは別れる」の言葉を信じてたのに訴えてやる!慰謝料請求できる!?

男女

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

今日は浮気不倫相手からという逆目線で考えてみたいと思います。既婚男性が浮気不倫相手の独身女性に言う「妻とは別れる」という台詞は王道とも言えるでしょう。そんな言葉に騙されてドップリ不倫に浸かってしまい気がついたら婚期も逃しボロボロに・・・という女性も多いです。そんな女性から既婚男性に慰謝料請求の訴えを起こすことは可能なのでしょうか!?

浮気不倫する既婚男性の常套句「妻とは別れる」という言葉を信じて不倫にどっぷり浸かっている女性は珍しくありません。ところが、いざ奥さんに浮気不倫がバレた途端に既婚男性は奥様の居る家庭に戻り意図も簡単に捨てられてしまう女性が多いこと確かです。

既婚男性の「妻とは別れる」この言葉だけを信じ既婚男性との結婚を夢見てきた女性からすれば立ち直れない現実かと思われます。既婚男性と不倫という不貞行為をしていたという良し悪しは別として、結果的に騙されたのだから慰謝料請求はできるのか!?という女性たちの主張は法的に認められるのでしょうか!?

 

慰謝料請求できる場合

女性が浮気不倫男性に対し慰謝料を請求できる場合があります。それは既婚男性が独身を装い妻子がいることを徹底的に隠された為に全く知らなかった場合です。この場合、女性は相手を独身男性と認識し て、通常の男女交際をしていたという結果になります。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

仮 に独身を装った既婚男性から「結婚してほしい」などとプロポーズされ、女性も男性が独身だと信じ「結婚してほしい」という言葉を受け入れたとします。この よ うな場合は裁判所で「婚約」の成立が認められる可能性がありますので男性が既婚だと発覚した際に慰謝料請求できる認めら れる可能性はあります。

 

他は慰謝料請求が認められず逆に慰謝料請求される

しかしながら、相手男性が既婚と認識していた場合に、女性の悔しい思いも理解できますが法的に慰謝料請求は認められないでしょう。相手が既婚男性だと不倫関係だと認識した上で自らの意思で関係を続けていたことになるからです。

仮に相手の既婚男性が「妻とは別れる」「離婚したら結婚しよう」などとプロポーズがあったとしても不倫関係との認識があった以上は婚約の成立が認められないでしょう。結果的に慰謝料請求は認められないと思われます。

それに、女性から既婚男性に慰謝料請求するどころか逆に既婚男性の妻から慰謝料請求される可能性があります。

既婚者と不倫をした場合、相手が離婚しなくても配偶者から不倫相手に対し慰謝料請求することが出来ます。また、慰謝料請求を配偶者に対して行わず不倫相手だけに慰謝料請求することも可能です。

男女問わず相手が既婚者だと認識した上で不倫関係になれば如何なる理由を問わず既婚者の配偶者から慰謝料請求される可能性がありますのでご注意下さい。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る