私(俺)との浮気不倫を奥さん(旦那さん)にバラす!慰謝料払え!これって違法!?

男女

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫相手に別れを告げた時、または離れようとした時など、相手に「バラす!」という脅しを受けた人は多いかと思われます。中には別れるなら慰謝料払えという要求を受けることもあります。配偶者にバラすって違法ですか!?慰謝料は支払う必要がありますか!?という体験談から出る疑問に対し考えてみたいと思います。

 

奥さん(旦那さん)や会社にバラす!

そもそも何故このような脅しとも言えることを言うのでしょうか。そこで考えられるのは「脅す裏には要求がある」からです。では、どのような要求が考えられるのでしょうか。

 

別れたくない

先ず初めに考えられるのは別れたくないという要求です。私(俺)と別れたらバラしてやる!バラされるのが嫌だったら私(俺)との関係を続けろ!!という要求ですね。

そもそも会社や配偶者にバラさすことは違法なのでしょうか!?ここで考えられることとすれば「名誉毀損」です。実際に裁判所で認められるか否かは損害の度合いにもよりますが、浮気不倫という不貞行為を故意にバラされ何らかの損害が生じた時に名誉毀損として損賠賠償請求出来る可能性はあるかと思われます。

それは浮気不倫相手からのみではなく、バラした会社や配偶者から何らかの損害を浮気不倫相手に対して損害賠償請求できる可能性はあるでしょう。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

浮気不倫相手の立場からすれば、自身の浮気不倫を相手の配偶者にバラした瞬間に問答無用で配偶者から慰謝料請求される覚悟をしておいた方が良いでしょう。

配偶者の立場からすれば、夫や妻の浮気相手から不倫浮気の事実を暴露された時に迷わず浮気不倫相手に慰謝料請求することが出来ます。

 

別れるなら慰謝料払え!!

次の要求として考えられるのが「お金」です。別れるならお金を払え!という要求です。

結論から言えば浮気不倫相手に慰謝料を支払う必要はありません。ただし、浮気不倫していた既婚者が徹底的に既婚という事実を隠し続け独身だと偽っていた場合は別です。

浮気不倫相手の立場からすれば慰謝料請求なんて認められることはなく、逆に相手の配偶者から慰謝料請求され支払う事になる可能性が大きいと言えます。

配偶者の立場からすれば夫や妻の浮気不倫相手に慰謝料なんて支払う必要はなく、逆に浮気相手に対し慰謝料請求することが可能です。

浮気不倫した既婚者の立場からすれば既婚と知っての浮気不倫相手に対し慰謝料を支払う必要はありません。しかし配偶者から慰謝料請求されることは十分に考えられます。

本来は浮気不倫相手の脅しに屈する必要は無く、自ら配偶者に詫て出直すのが良いかと思われますが、どうしてもバラされたくないなどを理由に浮気不倫相手の要求を飲むも飲まないも全ては自己判断かと思われます。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る