浮気のアリバイ工作を暴く!

浮気 アリバイ

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気をしようとする場合に、「友人と遊んでいる」「仕事中」「家族と旅行に行っている」など、とにかく思い出すだけでも腹が立つような嘘を付く場合が有ると思います。

こうした嘘の大半は「アリバイ工作」と言われるものです

アリバイ工作を本当にしているなら、あなたのパートナーは浮気をしている可能性が高いです。

アリバイとは
アリバイ(alibi)=英語
「現場不在証明」「その場所に居なかった」を意味する言葉です。元々はラテン語の「alius ibi」(他の場所)が語源となっていると言われています。

アリバイ工作とは
アリバイ工作とは、その時間その場所に居なたことを、何らかの方法によって居ない様に見せかける裏工作をすることです。

よくあるアリバイ工作

その時間に別の場所に居たとこを第三者に証言させる方法

無償でもちろん協力してくれる友人を持っている場合もあれば、証言をしてくれる人物に金銭を渡して頼んだりして偽の証言をお願いするようです。もちろんパートナーだけの言い訳よりも、第三者の証言があれば、パートナーはそのアリバイを信じることが多いです。

よくある失敗
アリバイを頼んだ人物がたまたまパートナーと出会ったり、又一緒にいた場合

普段電話等無い奥さんからたまたまどうしてもの用事で電話があり、夫と一緒に飲んでるはずの旦那さんが家にいることが分かった。とかたまたま夫と一緒に飲んでるはずの人物を損時間に見かけた。など、上手くいったと思っていたらバレていたと言うケース。

このように、多くの浮気をする人は、プロの目を持っていないので、良く考えずに行動してしまい、プロが少し調査を行えば簡単に発覚するような陳腐なアリバイ工作の場合が多いようです。

アリバイ工作の共通点

友人、知人に嘘の証言をさせる

アリバイ工作の代表例とも言える手法。実際には浮気相手と会っている時間帯にまるで友人と一緒に行動を共にしていた様に見せかけるよくある方法です。この方法では必ず協力者が必要となり、協力してくれる友人や知人の存在が不可欠で、浮気を手伝うそのような友人は同じく浮気をしているという場合も多い様です。ま、持ちつ持たれつの関係で、お互い協力し合うんです。最悪なのは周りが協力していて、浮気の事実について知らないのは浮気をされている配偶者のみという事も大いにあり得ます。

偽のお土産を買ってくる

出張等と嘘を言い、浮気相手と旅行に浮気旅行に出かける時に良く使われるアリバイ工作が、その行き先のお土産を買って来る事でアリバイ成立を狙うアリバイ工作です。

ココで難しいのは、沖縄などに行きたくても、出張先が沖縄ではオカシイ!という事になります。流石にそこは、行き先事態で疑われることの無い様、支社や取引先が有る、以前から何度か出張に行っている土地をとりあえずパートナーに伝える事が多いようです。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

しかし、実際には沖縄に旅行するので、その土地でのお土産を買うことは出来ないように思えますが、羽田空港などでその出張先の名物のお土産を購入したり、事前にアマゾンなどで出張先の名物を手に入れておくという手の込んだ事をする場合も多いようです。

偽の写真を使う

よくあるのが、怪しいから「今誰と居るのか写真で送って!」などと、飲み会に出かけた夫や妻に対して写真を撮影して送らせる人が居るようです。この写真を逆に利用してアリバイに使う方もいるようですから注意が必要です。

どういうことかというと、別の時間、別の場所で取られた写真を準備して、浮気相手とラブホテルに居る最中に写真を求められたら、準備しておいた写真を添付して送信する(笑)考えたな・・と言う方法です。普段から写真を送って場所を知らせて居る分、その中に1度や2度偽の写真が混ざっていたとしてもバレる事が少ないといいます。

アリバイ工作を見破る方法

親友の証言は信じない

友達は頼まれると協力してしまいがちです。ですから、普段から仲が良い人物は、浮気や不倫の共謀者となりやすいと考え、その証言はあまり信用しない事が浮気を見破る方法だといえます。友達がグループぐるみで、友人の浮気を擁護するようなアリバイ工作に加担する場合もあります。

お土産はレシートと袋を良く見る

何か行動が怪しいと思ったら、まずはお土産の袋を見るようにしてください。大抵の土産物屋では店の名前やロゴが入っているので、そこから店舗名をインターネットで検索し、その店が何処にあるのか確認するようにすると、案外出張先で購入したものでは無く、空港で買ったものだったり、ということが分かります。また、さらにお土産のレシートがあれば、詳しい店舗や購入時間を知る事が出来ます。

レシートには店舗名のみならず、住所、購入時間も必ず印字されているので、もしもアリバイ工作で購入したものなら別の場所と時間で購入した証拠が残されているはずです。

写真を信じない

写真の位置情報を確認できたり、写真の撮影日時を確認出来なければ、その写真はいつ撮影されたのか分かったもんじゃありません。信用する価値はありません。

疑っても深追いしない

疑い出したら、ハッキリさせたい。そう考えるのは普通です。しかし、あまり突き詰めすぎると相手に強いストレスを与えてしまい、夫婦関係の悪化に繋がりかねません。そして、離婚を考える場合や修復するにしても、お相手にはせめて慰謝料をもらいたい!と考えるなら、逆になにもきずかないふりをする方が賢明です。

もしも貴方のカンが浮気を告げているならば、アリバイ工作を見ぬくためにプロに徹底した調査を行ってもらうべきです。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る