不倫で慰謝料請求できる裁判で勝つ条件

閻魔大王

夫の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

不倫とは法律上の不貞行為となり配偶者および不倫相手に対し慰謝料請求することが出来ますが、通常は相手側が素直に慰謝料請求を受け入れることは少ないです。その場合は弁護士に委任し裁判で争うことになりますが、勝つ為には次の条件が必要不可欠となります。

不貞行為(貞操義務違反)

法律上「不倫」という言葉はなく不貞行為(貞操義務違反)となります。不貞行為(貞操義務違反)とは配偶者の何れかが他の異性と「肉体関係」にあることが条件となります。

つまり、配偶者が他の異性とメールで愛を囁き合ったり、二人でデートしたり、隠れてキスしたり程度では、裁判所に不貞行為(貞操義務違反)として認めて貰えません。

最近では肉体関係にない不倫「セカンドパートナー」という言葉もありますが、性的障害のない男女であれば肉体関係になること必然です。

よって、配偶者に不倫の慰謝料請求するには、肉体関係にあることを自白させるか(先ず自白する人は少ないでしょう)、証拠を得て裁判所で立証することが必要不可欠となります。

夫婦関係の破綻

不倫で慰謝料請求するには裁判で勝つには夫婦関係が破綻していない状況下で不倫が行われたということが条件となります。

既に夫婦関係が破綻している状況下で配偶者が不倫した場合、裁判所は慰謝料請求を認めません。よって、夫婦関係が破綻していない状況下で不倫が行われ夫婦関係が破綻したことを立証する必要があります。

逆に、不倫した配偶者の立場からは「既に夫婦関係は破綻していた」との主張を行う場合が多いですが、これまた主張する限りは夫婦関係が破綻していたことを立証する必要があります。

請求権の時効

配偶者の不倫を知ってから3年、不倫してから20年たてば請求権は時効となります。つまり、不倫を理由にして慰謝料請求ができなくなると言うことです。

慰謝料請求は離婚後でも可能ですが、離婚後の慰謝料請求は困難となることが多いために、離婚請求と慰謝料請求は同時に行うことがベストかと思われます。

有利に離婚する方法▶

妻の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

請求権の放棄

これを行う人は先ず居ないかと思いますが、何らかの理由で請求権を放棄してしまうと二度と慰謝料請求ができなくなりますので気をつけて下さい。

不倫相手への慰謝料請求

不倫した配偶者の不倫相手に対しても慰謝料請求することが出来ます。ただし、不倫相手が不倫だと承知していた場合に限ります。

つまり、不倫相手が既婚者だと知って肉体関係にあった場合は慰謝料請求できますが、仮に配偶者が独身だと偽り、不倫相手は既婚者だと知らず独身者だと思い肉体関係にあった場合は慰謝料請求することはできません。

立証する証拠

これは当たり前のことですが、裁判で勝つには、こちらの主張を全て相手が認めるか(先ず認めません)証拠によって立証する必要があります。つまり、今まで述べてきた全ての条件をクリアするには、全てを立証する必要があるのです。

  • 肉体関係があった
  • 不倫前に夫婦関係の破綻は無い
  • 請求権の時効前
  • 請求権は放棄していない
  • 不倫相手は既婚者と知って肉体関係にあった

裁判所で、これら全てを立証する責任が必要があります。逆に言えば、これらを立証する証拠さえあれば勝てるということです。

一般のかたが見ると「なんだか難しそうだな・・・」と思われると思いますが、探偵に依頼すれば簡単に証拠は揃えられます。

夫や妻の不倫に悩む人が行うことは、探偵に相談することです。探偵に相談することだけです。探偵に相談さえすれば、後は全てお任せで証拠を集めるなどエスコートしてくれます。

とは言え、いきなり探偵に相談するのも勇気が必要でしょう。そんな方は探偵に相談する前に街角探偵相談所に相談して下さい。

ここは探偵ではなく全国の安心安全な優良探偵社を紹介してくれる所です。先ずは探偵が必要か否かなど気軽に相談してみては如何でしょうか、この街角探偵相談所は本名を伏せて匿名で相談できます。しかも相談から探偵紹介まで全てのサービスが無料0円です^^

浮気不倫を自分で暴く方法▶

浮気不倫を他人に暴いてもらう方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る