妻の不倫で弁護士の局部(ペニス)切断した元プロボクサーに懲役6年求刑

小番一騎

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

未だ記憶に新しい不倫が原因で起こった弁護士の局部(ペニス)切断事件。妻が勤務先の弁護士と不倫していたが、夫に追求され「弁護士にレイプされた」との嘘を付き激怒した夫が妻の不倫相手である弁護士の局部(ペニス)を根本から枝切り鋏で切断し局部(ペニス)を水洗便所から流したという事件です。

裁判

元プロボクサーの男が男性弁護士の局部(ペニス)を切断し傷害などの罪に問われた事件の裁判で、検察側は「被害者は生殖能力を失うなど猟奇的かつ残虐」などとして、元プロボクサーの男に懲役6年を求刑しました。

元プロボクサーの小番一騎被告(25)は去年8月に、妻が勤めていた弁護士事務所で男性弁護士(当時42)の局部を枝切りバサミで切断し、ケガをさせるなどした罪に問われています。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

そんな小番被告は起訴内容を認めており、保釈金300万円で保釈されていました。

本日3日の裁判で検察側は、「枝切りバサミの殺傷能力が高いことは明らかで、被害者は生殖能力を失うなど重大な身体的、精神的苦痛を受けた」「猟奇的かつ残虐で冷酷な犯行だ」として小番被告に懲役6年を求刑しました。

その一方で弁護側は、小番被告は「無理やり性的関係を迫られた」という妻のウソの話を信じただけで、被害者とは示談も成立しているとして執行猶予付きの判決を求めました。

小番被告は最後に「深く後悔し、反省しています。今後はまじめにやっていきたいと思います」と語ったそうで、判決は来月5日に言い渡される予定だそうです。

不倫で大事になる前に、怪しいなと感じたら探偵など専門家に相談しましょう。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る