浮気調査で白なら0円▶

【不倫の代償】小番一騎被告が和田正弁護士の局部を切断した事件の初公判でセックス6回ペニス1cmと判明

弁護士局部切断事件

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

弁護士と言えば法律の専門家であるにも関わらず人妻との不貞行為(不倫)で男性にとって命よりも大切かもしれない陰茎(ペニス)を切断された事件の初公判で肉体関係である性的行為を計6回も繰り返し和田正弁護士の残った陰茎(ペニス)は僅か1cmと判明しました。

 

和田正弁護士

不貞行為するなど弁護士としての汚点だと言えるが陰茎(ペニス)が1cmとは男としても汚点だと言える。しかも、自ら妻子が居ながら別の人妻と肉体関係を性的行為を、ダブル不倫をするなど弁護士として如何なものかとも思う。

しかも、変態弁護士とも言えるセーラー服やブルマなどのコスプレを楽しんでいたというから空いた口が塞がらない。

男に生まれて陰茎(ペニス)を切断されトイレに流され残ったのが1cmとは気の毒だと思うが、弁護士としてダブル不倫という不貞行為をしたことについては決して正当化出来ないだろう。

 

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

小番一騎被告

実は小番一騎被告が違う意味で一番の被害者かもしれない。なぜなら自分の妻がレイプされたと聞いて冷静にいられる男は少ないかと思うが、この小番一騎被告も弁護士を夢見る将来有望な学生だったようだ。

正式な弁護士でなくとも法曹界を目指す者として法律は勿論のこと行動の良し悪しは心得ていたはずだ。にも関わらず妻の嘘に踊らされて陰茎(ペニス)を切断するなど、よほど頭に血が上ったと伺えるが犯罪は犯罪であるがゆえ罰を受けなければならない。

 

小番一騎被告の妻

この妻が最も悪だと思える。自ら同意してダブル不倫をし性的行為を肉体関係をもったにも関わらず、夫にレイプされたなど嘘を付いた結末が局部切断事件だ。

自らコスプレをし楽しんでおきながら不倫相手の和田正弁護士から陰茎(ペニス)を奪い、嘘をついて夫を犯罪者にし弁護士という輝く未来を奪った。

いずれにしても、男だけが損を見た悲しい事件であり、本来だれよりも重い罰を受けるべきなのは小番一騎被告の妻だと思える。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る