夫の不倫を暴いてみた▶

旦那への恨みを晴らす妻が説く旦那への恨みを晴らす方法

女性

夫の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

旦那であろうが妻であろうが恨みを晴らすとは穏やかなことでは御座いません。しかしながら旦那に裏切られたなど絶対に許せないこともあります。そんな妻たちが旦那への恨みを晴らす方法を一緒に考えてみたいと思います。

旦那への恨みを晴らす方法

単に旦那への恨みを晴らす方法と言っても沢山あります。それくらいならと思える方法から、それは犯罪だと思える方法までが、沢山の手段手法がある中で主だったものを紹介致します。

弁護士局部(ペニス)切断事件

これは妻が旦那への恨みを晴らすというより、妻の旦那が愛人の男に恨みを晴らすという事件でした。

皆様も記憶に新しいかと思いますが、同じ法律事務所に勤務する弁護士と事務員のダブル不倫で、事務員の旦那が激怒し、自分の妻と不倫した弁護士の局部(ペニス)を切り捨て水洗便所から下水に流したという事件です。

これは明らかに犯罪ですが、犯人がここまで凶暴化したのには妻の嘘がありました。この妻は犯人である旦那に「弁護士にレイプされた」と嘘を付いていたのです。

そもそも犯人の男性も大学で法学を学ぶ未来の弁護士でしたが、全てを捨てて犯行に及んだと思われます。

この件について当管理人の主観で言えば、法律事務所に努めていた事務員である犯人の妻が最も悪い悪女だと思います。

確かに弁護士も自ら法律の専門家でありながら妻子ある身でありながら、他人の妻と不倫したのですから悪いといえます。

犯人の男も自分の妻がレイプされたと思い込んだとしても犯罪は悪いことだと言えます。

しかしながら、それらの全ての原因に絡んでいるのはダブル不倫した女であり犯人の妻です。

不倫した弁護士は地位と名誉のみならず、男として死ぬより辛い局部(ペニス)までも失いました。

一方で、犯人は弁護士という将来の夢や人生を全て失いました。

しかしながら、自らダブル不倫をし、レイプされたなどと嘘を付いた妻は何を失ったのでしょうか、と思います。

妻の恨みを晴らす方法

少し話が横道にそれたかも知れませんが続いて妻の恨みを晴らす方法についてです。

有利に離婚する方法▶

妻の不倫を簡単に暴いてみた(笑)▶

妻が旦那恨む最も多く強い理由は「妊娠・出産・育児」期間の浮気であり不倫です。

妻が心身ともに最も大変で苦しく辛い時に何ら手伝うこともせず浮気不倫していたとなれば絶対に許せないかと思えます。

そんな妻は一体どのような方法恨みを晴らすのでしょうか。ここで1つ実例に基づいて解説致します。

私が行った恨みを晴らす方法

私の旦那は私が妊娠したあたりからネットで出会った人妻と不倫していたようです。

私は妊娠で辛い時期、出産で辛い時期、育児で辛い時期、旦那他の女とセックスをして楽しんでいたのです。

そんな旦那の不倫を怪しいと育児しながらも感じていた私は、子供が保育園に入った頃を見計らい探偵に不倫調査を依頼しました。

結果は勿論のこと黒です。全ての証拠が出揃いました。この証拠で離婚するか復縁するか、慰謝料は養育費は・・・いろいろ考えました。

とにかく、旦那に全てを話た上で決めようと、ある日の夜に証拠を突きつけました。

旦那は縋るように「相手とは直ぐに別れる、もう二度と不倫しない」と私にしがみつきました。

私は、そんな旦那を見て哀れにも思いましたが、この恨みは根強く絶対に許すことなど出来ませんでした。

その時です、あることが私の脳裏を横切りました。「やっぱり別れるのはよそう、もう一度・・・」そして旦那の希望通り離婚を回避しました。

それからは、女磨きを怠るおとなく、常に誰もが羨むような綺麗な妻であるよう努力し続けました。

いつも綺麗で、いつも笑顔で、そんな良い妻を演じた甲斐があったのか、旦那は二度と不倫することなく真面目な良い夫に変貌を遂げたのです。

そんな日が数年過ぎ私も職を得て子供も少し大きくなった頃、ある日突然に離婚届旦那に突き付けました。

旦那は驚いた様子で泣いて私に縋りましたが、私は旦那を捨ててやりました!もちろん貰うべきものを貰った上で!これが私の恨みを晴らす方法です。

浮気していなかった・浮気の証拠が取れなかった・全て無料の安心安全な探偵▶

浮気不倫を暴くプロ集団▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

浮気不倫を他人に暴いてもらう方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る