別居中の不貞行為は不利?

男女

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

別居中不貞行為(不倫)は何かと法的に不利なのかという疑問を抱く人が多く居ます。判断は内容によりますが基本的に別居中不貞行為(不倫)は同居中よりも不利であることが多いです。(ちなみに不貞行為された側の目線で語ります)

別居中の不貞行為は不利か

先ずは法律上の不倫という言葉はなく不貞行為となります。そして、不貞行為を受けた側が不貞行為を行った配偶者や愛人に対し慰謝料請求などをする場合に有利か不利かと言う判断に同居か別居かは裁判所に重視されません。

夫婦関係の破綻

配偶者の不倫で離婚請求や慰謝料請求が法的に裁判所で認められるか否かの判断材料の1つとして同居か別居かは重視されず、夫婦関係が破綻していたか否かが重視されます。

要は、不貞行為があった時に夫婦関係は破綻していたのか否かと言う所を裁判所は重視するのです。

同居であろうが、別居であろうが、相手配偶者が不貞行為を行った時には、既に夫婦関係は破綻していた!となれば、夫婦関係を壊した直接の原因が不貞行為ではないとされ不利になります。

一方で、同居であろうが、別居であろうが、相手配偶者が不貞行為を行った時に夫婦関係は破綻していなかった!となれば、夫婦関係を壊した直接の原因が「不貞行為だと判断され有利となります。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

ただし、一般的に別居するということ事態が既に夫婦関係は破綻している場合が多いので、そういう意味では別居中不貞行為不利だと言える。

証拠に基づく立証

別居中不貞行為不利になるも有利になるも全ては証拠に基づく立証次第であります。裁判では、お互いに自分の主張を証拠に基づき立証する責任が御座います。

別居中不貞行為を受けた側は不利とならぬよう、夫婦間関係は破綻していなかったことを証拠に基づき立証しなければなりません。

別居中不貞行為をした側も不利とならぬよう、夫婦関係が破綻していたことを証拠に基づき立証しなければなりません。

しかも、その証拠とは裁判所で認められる有効的な証拠でなければなりません。

そもそも、裁判所とは法的根拠に基づいて判断する所ですから、何の証拠もなしにワーワー主張しても犬の遠吠えと化してしまいます。

そのような証拠をノウハウも機材道具もない素人が集めるのは至難の業ですから、先ずは探偵依頼が必要な状況か否かを含めて街角探偵相談所に無料相談されること、おすすめ致します。

ちなみに街角探偵相談所は探偵社でなく全国の優良探偵社を紹介してくれるサービスです。

名前は伏せて、匿名での無料相談が可能

相談や探偵紹介など全てのサービスが無料0円ですから、少しでも配偶者の不貞行為(不倫)を疑うなら気軽に相談してみて下さい。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る