【復縁】浮気相手に諦めさせ別れさせる方法

弁護士

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

配偶者である夫や妻に

浮気されたけど別れたくない

浮気相手に諦めさせ別れさせ

夫や妻とやり直したい復縁したい。

 

浮気相手と別れさせるには

配偶者である夫や妻から

別れさせる方法もありますが

どうしても夫や妻は別れてくれない。

 

そんな時の為に浮気相手から諦めさせ

別れさせる方法を解説してみたいと思います。

 

ただし、何をするにも

最後の「まとめ」に書いたことが必須にて

必ず最後まで読んでみて下さい。

 

おすすめ出来ないリスクある方法

 

先に紹介する方法には

若干のリスクも生じますので

おすすめは出来ません。

 

必ず相談相手の

人柄を知ってから相談して下さい。

 

義理の両親に相談

 

夫や妻のご両親が健在の場合は

是非とも相談してみましょう。

 

我が子の浮気不倫を推奨する親は居ません。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

親として恥と思い必ず別れるように説得してくれます。

 

ただし、リスクとしては

浮気の原因が、あなたにある場合など

逆に責められる可能性もありますし

最悪の場合は思惑とは逆に

離婚をすすめられる場合もあります。

 

会社に相談

 

これは夫や妻のオフィスラブ

つまり社内不倫という浮気の場合に

夫や妻の会社の上司に相談してみましょう。

 

不倫は文化なんて

どこかの芸能人が言ってましたが

不倫は不貞行為という立派な不法行為です。

 

会社としてはプライベートに介入しない

なんて会社も一部では存在しますが

会社の上司の多くは個人的にも

自分の部下たちが不倫していることで

自分自身の社内的な立場や出世にも関わりますし

きっと別れさせる方向で協力してくれることでしょう。

 

ただし、リスクとして浮気相手が辞職するに影響はないですが

夫や妻が立場的に居づらく辞職し職を失うというリスクもあります。

 

会社の上司からすれば別れさせるより

何れか若しくは両方とも辞職させる方が

良いと考える人が居るかもしれません。

 

おすすめ出来る方法

 

両親や会社の上司など

あなたの意に反する結果になるリスクがありますが

おすすめとしては次のような方法で

あなたの意に反することをしない人に相談しましょう。

 

弁護士

 

弁護士は、あなたの意に反する行動はしません。

あなたの代理人としてあなたの意の通り動いてくれます。

 

先ずは弁護士と相談して浮気相手に対し

諦めるよう別れるよう内容証明を送りましょう。

 

この時に必ず弁護士の名前で送ることが大切です。

弁護士の名前で内容証明が届き

書面で別れない場合など「提訴する」なんて書いてあれば

あなたの夫や妻に対する思いが

よほど本気でない限り諦めて別れるかと思われます。

 

万が一、別れなかった場合は

損害賠償としての支払を約す書面を得ることが良いです。

 

まとめ

 

以上の通り弁護士に相談することが

一番の良い方法と言えますが

その他の如何なる方法にしても

あくまでも浮気相手に対するアクションです。

 

つまり、会社に相談するも義理の両親に相談するも

弁護士に相談するも必ず事前に必要な物があります。

 

それは・・・

浮気の確たる証拠

浮気相手の名前や住所などの詳細

 

浮気の証拠もなしに誰も相談に乗ってくれません。

浮気相手の詳細も知れず何もアクション出来ません。

 

浮気不倫の場合は

離婚して慰謝料請求するも

別れさせて復縁するも

その実態をプロの探偵に依頼し浮気調査して

確たる証拠と浮気相手の詳細が必要なので準備下さい。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る