不貞行為(浮気)の調停や裁判結果は証拠で決まる

話し合い

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫が原因で

調停裁判になった場合

その結末は証拠が命となります。

 

事前に探偵などに実態調査を依頼し

不貞行為(浮気)の明らかな証拠を得て

調停や裁判に臨まれることが大切です。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

 

夫婦間の離婚協議などでも

不貞行為の明らかな証拠があれば

子供の親権問題や慰謝料の支払いなど

離婚に伴う諸条件の交渉を有利に進められます。

 

相手方が離婚の合意に達しても

慰謝料などの諸条件の面で

うまく協議がまとまらない場合は

家庭裁判所に調停の申し立てをします。

 

調停では不貞行為の証拠があることを

前提として話し合いが進められますので

有利な条件で話し合いが可能となります。

 

調停でも相手の合意を得られない場合は

裁判となりますが離婚の原因が配偶者の

不貞行為であることを立証出来るのなら

配偶者や愛人に慰謝料の請求が可能となります。

 

また、自分は婚姻の継続を希望し

相手から離婚を迫られている場合でも

調停や裁判で配偶者の不貞の証拠を提示し

相手方の離婚請求を阻止することも可能です。

 

但し、復縁の状態に戻れるか否かは

相手の気持ち次第となりますことご承知下さい。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る