朝日新聞の男性記者が台湾人女性とW不倫し夫から姦通罪で告訴

台湾の中正紀念堂

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

朝日新聞社のエリート記者が

自らも既婚者であるにも関わらず

人妻の台湾人女性とWダブル不倫をし

相手の夫から姦通罪

刑事告訴されるというニュースです。

 

朝日新聞社の既婚男性記者(47)が

人妻の台湾人女性とWダブル不倫していると

この女性の夫から告発があり明らかとなりました。

 

朝日新聞社の既婚男性記者を告発したのは

台湾で輸出入業を営む郭志強さん(36仮名)です。

 

郭さんのコメントによれば

「男性記者が日本を代表する朝日新聞

エリート記者だというのは知っていました。

彼は中国や台湾でも多くの媒体に寄稿してますし

尊敬されるジャーナリストですから。

私はその彼に妻を誘惑され

ささやかながら幸せな家庭を失いました」

との主張をしています。

 

では、朝日新聞社の既婚男性記者とは

いったいどんな人物なのであろうか。

 

情報によると、かつて国際部のエース級の記者として

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

イラク戦争をも現地で取材していたらしいです。

 

また、朝日新聞社内でも有数の中国通として知られ

台北支局長なども経験しています 。

 

ところが女癖があまりよくないことは有名らしく

ハニートラップが怖いから中国本土には置いておけない

という話も朝日新聞関係者の証言としてあるようです。

 

この案件の場合

台湾では現在も姦通罪が適用されているようで

郭氏は、朝日新聞社の既婚男性記者と

自分の妻の不倫の証拠をつかんだことで

某取材に対して次のようにコメントしています。

「男性記者を姦通罪刑事告訴する」

 

更に朝日新聞社の既婚男性記者を

電話で直撃したらしいが

電話口でうろたえるばかりで

全く取材に応じることはなかったといいます。

 

台湾では人妻と不貞行為をして姦通罪

日本では盆休み真っ最中ですが

あなたの隣に夫や妻は居ますか?

 

仕事だ何だかんだと理由をつけて

今現在あなたの隣に居ない場合は要注意!!

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る