浮気や不倫が原因で離婚した慰謝料の相場って!?

札束

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

結婚した相手が

浮気や不倫をした時に

慰謝料って幾ら貰えるの!?

 

これは純粋に

気になるところだと思います。

 

いざ離婚となれば慰謝料以外に

請求できる金銭項目があります。

 

今日は浮気や不倫をされて

離婚する時の金銭問題

慰謝料及びその他について

解説して参りたいと思います。

 

離婚裁判で争われる金銭問題

 

慰謝料

財産分与

養育費

 

慰謝料

 

先ずは一般的に

慰謝料と言われる

基本的な部分です。

 

一般的に慰謝料とは

精神的な慰謝料を言います。

 

浮気や不倫が原因で

程度に精神的なダメージを受けた。

 

その心的被害に対し

支払われる金銭となります。

 

金額的には離婚原因や婚姻期間など

その他の様々な事情により異なりますが

一般的に300万~500万の請求で

100万円~300万円での解決が相場です。

 

財産分与

 

財産分与は夫婦が婚姻中に

二人で協力して築いた財産を

離婚時に清算するということです。

 

結婚前から持っていた財産や

相続した財産を除いて

基本的には婚姻後に増えた

財産を半分ずつ分けることになります。

 

よく専業主婦の女性が心配されますが

たとえ専業主婦であっても

基本的には半分もらえますのでご安心下さい。

 

夫の名義財産でも

夫婦で協力して取得したものは

全てが財産分与の対象となります。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

 

養育費

 

二人の子供が成人するまで

養育にかかる費用は夫婦ともに負担します。

 

たとえ離婚した場合でも

扶養義務は双方にありますので

経済力に応じて子供の養育費を分担します。

 

仮に妻が子供を引き取ったとすれば

夫は自分の負担分を妻に支払います。

 

気になる金額ですが

お二人の職業や年収

また、子供の人数や年齢など

金額が変動することになります。

 

例えば無職の妻が

幼稚園くらいの子供を

引き取って育てる場合で

夫の年収が5~600万円だと想定すれば

およそ月に4万円~6万円くらいの

養育費が適当だと判断されることになります。

 

少しでも高い金銭を得る方法

 

こちら側の被害が

大きければ大きいほど

 

相手側の不貞行為(不法行為)が

酷ければ酷いほど

損害賠償などの請求額が

増えると考えることが出来ます。

 

その為には

相手の不貞行為(不法行為)が

尋常じゃないという証拠が必要です。

 

餅は餅屋と言いますが

浮気や不倫の調査なら

名探偵コナンよりも


 

頼りになるのは

やっぱりタントくんです!!

 

先ずはタントくんに

無料で相談してみましょう!!

↓   ↓   ↓

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る