浮気や不倫の時効は何年!?

時効

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫をして

または浮気不倫をされて

慰謝料請求を行うにも時効があります。

 

慰謝料請求すると決めたら

早く行動することが大切です。

 

浮気の時効

 

一般的に不法行為による

損害賠償請求権

その行為のあったときから20年

若しくは、請求する相手が判明してから3年の

いずれか短い方で時効消滅します。(民法第724条)

 

不貞行為浮気)も不法行為の一種なので

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

この時効についての規定が適用されます。

 

不貞行為相手が判明している場合には

最後の性交渉の時から

3年以内に慰謝料を請求しなければいけません。

 

相手が判明しなかった場合は

判明の時から3年になります。

 

離婚しないで不貞行為についての

慰謝料を配偶者に請求する場合には

不貞行為の存在を知ったときから

3年以内に請求しなければなりません。

 

また、不貞行為浮気)の結果

離婚となった場合には

離婚が成立した日から3年以内なら

配偶者に対して離婚の慰謝料を請求することができます。

 

上記の通り不貞行為浮気)の

慰謝料請求には 時効 が存在します。

 

※時効を止めることは出来ます。

詳しくはコチラまで

浮気の時効を止める方法とテクニック

 

重要な事としては

不貞行為に対する

慰謝料請求では

相手が確実に

不貞行為 をしたという証拠が必要です。

 

そして、証拠として一番有効的なものは

探偵会社の報告書が一番の効力を発揮します。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る