浮気不倫が原因で離婚する時に子供の親権を勝ち取る方法(条件)

子供

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

親権とは未成年者の子供を

監護・養育したり財産を管理したり

その子供の代理人として

法律行為をする権利や義務のことをいいます。

 

夫や妻の浮気不倫が原因で離婚するも

未成年の子供が居れば親権争いになります。

 

話し合いで決まれば良いのですが

そう簡単に決まるものでもありません。

 

その場合は裁判となり

法廷で親権を争うこととなります。

 

一般的に浮気不倫した方に親権はなく

浮気不倫された方に親権があると

思っている人も多いようですが

浮気不倫不貞行為親権

全くの別問題にて関係御座いません。

 

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

それでは裁判で親権を勝ち取るに

必要な条件とは何かを考えたいと思います。

 

親権

 

親権者を母親か父親かを決めるに

先ずは話し合いをし

決まらなければ調停

それでもダメなら裁判所で決めてもらう

という流れに なります。

 

そもそも調停とは調停委員が間に入り

当事者間で話し合いをする場ですから

その話し合いで決着がつかなければ

裁判所で強制的に決めてしまうということです。

 

では、裁判所に親権者と認めてもらう

裁判で親権を勝ち取るために必要なこととは!?

 

親権者の条件とは基本的に

子供を十分に養育していける

子供の為に何れを親権者にした方が

子供にとって良いかなど

子供の利益 を中心に考えられます。

 

例えば

  • 子供への愛情は!?
  • 収入面などの経済力は!?
  • 代わりに面倒を見てくれる人は!?
  • 親の年齢や心身の健康状態など監護能力は!?
  • 住宅事情や学校関係などの生活環境は!?
  • 子供の年齢や性別や発育状況は!?
  • 環境の変化が子供に与える影響は!?
  • 兄弟姉妹との状況は!?
  • 子供本人の意思は!?

などの事情を考慮した上で

裁判所が総合的に判断します。

 

また子供が幼ければ幼いほど

親権争いは母親が有利と言われますが

面倒見ない母親も多く

要は養育能力の問題にて

母親だから有利というわけでもありません。

 

更に15歳以上の子供の場合

親権を裁判で定める場合には

裁判所が子供本人の意向をを聞く必要があります。

 

よって、ある程度の年齢が上の子供なら

親権者の決定に子供本人の意思が重要となります。

 

つまり、浮気不倫という不貞行為をしていたということは

他の面では非常に不利で重要な問題になりますが

子供の親権問題を決定するに重要なことではありません。

 

ただし、浮気不倫という不貞行為により

子供自身に悪影響を およぼした場合は

不貞行為をした側は不利として考えられることになります。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る