浮気不倫の裁判で弁護士費用を配偶者や浮気相手に請求できる?

お金

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫という不貞行為による

離婚請求や慰謝料請求の裁判で

弁護士費用を配偶者や浮気相手に

請求することが出来るのか?

 

そんな疑問を持たれる方も

多いかと思われます。

 

以前に

浮気調査費用は配偶者や浮気相手に請求できる?

という記事を書きましたが

今日は弁護士費用についてです。

 

請求できます

 

浮気不倫不貞行為

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

不法行為に基づく損害賠償請求

訴訟提起するということになりますから

弁護士費用損害賠償請求額に

上乗せして相手に請求をすることができます。

 

その額としては損害賠償請求額の

10%が弁護士費用として相当とされます。

 

仮に300万円の慰謝料だとしたら

その10%の30万円を弁護士費用として

損害賠償請求額に上乗せして

330万円の損害賠償請求をすることができます。

 

但し、これはあくまでも請求できるという意味で

必ずしも全額が認められるわけでは御座いません。

 

しかしながら、自分で集めた曖昧な証拠で争うより

探偵の浮気調査資料という確固たる証拠を持って

法律のプロである弁護士に依頼する方が

結果的に良い結果で終えることは必然かと思われます。

 

どんな裁判でも証拠が命です。

先ずは確固たる証拠があってこそ

後の弁護士の力が相乗効果となります。

 

夫や妻の浮気を疑うなら

先ずは確固たる証拠を得ること大切です。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る