浮気不倫の裁判で離婚や慰謝料を請求し勝つ為の最低5つの条件

裁判所

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

配偶者である夫や妻の浮気を

法律的に不貞行為と言いますが

それを理由に裁判に訴え

離婚や慰謝料請求し勝つ為の

最低限必要な条件を書きます。

 

肉体関係の条件

 

まず初めに浮気不倫

配偶者(夫や妻)浮気相手に対し

訴えを起こし勝つためには

その不貞行為を立証する責任が生じます。

 

浮気相手が配偶者(夫や妻)と

不貞行為(肉体関係)があったこと

明らかな事実として明らかに出来る証拠が必要です。

 

そもそも不貞行為を根拠として

請求するからには不貞の事実を立証することが必要です。

 

不貞行為とは肉体関係

セックスを行ったという行為です。

 

それ以前の行為である相手とのデートや

食事やプラトニックな心の浮気などは

不貞行為には当てはまりませんので注意です。

 

ただ、これ以外の他の事情による

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

慰謝料請求の可能性がないわけではありません。

 

夫婦関係の条件

 

不貞行為という浮気による不倫が起こる前から

夫婦関係が破綻していないことは大切なことです。

 

夫婦関係が不貞行為の起こったときよりも

前から破綻していた場合には

慰謝料請求権は認められないとの判例があります。

 

たとえば、不貞行為を行った当時は

配偶者(夫や妻)と別居して いた場合

相手側に弁護士などの専門家が付けば

大抵は夫婦関係の破綻後の不貞なので

慰謝料支払い義務はないと主張してきます。

 

故意的な不法行為の条件

 

不貞行為を行った配偶者(夫や妻)の浮気相手が

結婚していたことを知らなかったと主張し

それが裁判所で認められた場合は慰謝料請求できません。

 

慰謝料請求放棄の条件

 

浮気不倫という不貞行為

慰謝料請求権を放棄してないことが大切です。

 

すでに慰謝料を請求しないなどと約束していた場合

また、特に示談を行い請求権を放棄している場合には

慰謝料請求権がなくなっていますので請求できません。

 

不貞行為時効の条件

 

不貞行為の浮気相手と

不貞をしたと知ってから

3年で時効にかかります。

 

時効にかかっていると相手が

消滅時効を主張してくる可能性があります。

 

ただ、相手の行為によっては

時効の中断になっている場合もあります。

 

また、不貞行為があったときから

20年経つと除斥期間となり

時効の中断どとは関係なく請求できなくなります。

 

実際には時効期間内であっても

不貞行為から時間がだいぶ経ってしまうと

証拠が残ってないことが多いので難しくなります。

 

浮気相手に惚けられた場合で

当時の記憶さえ曖昧では

実際に相手に支払わせるのは相当難しいと言えます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

裁判は勝つ為に行うものであり

負ける裁判をする意味はありません。

 

配偶者である夫や妻の浮気で

離婚請求慰謝料請求を訴えるにしても

勝つ為の準備が注意が必要だと言うことです。

 

裁判に訴え出て離婚請求や慰謝料請求が

認められるためには明らかな不貞行為の証拠が必要で

その証拠をもって不貞行為の事実を立証する責任が生じます。

 

その準備を始めるための

一番最初にすることとして

有名な優良探偵紹介サイトの

探偵さがしのタントくん

街角探偵相談所

この2つのアドバイザーに

今後の相談をすることが大切です。

 

ご相談は何度でも無料で

しかも匿名で相談できるので安心です。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る