浮気不倫・不貞行為で離婚・慰謝料請求に有効な証拠とポイント

浮気不倫

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫不貞行為

については当サイトで

何度も述べてきましたが

日本の民法では離婚原因の一つとして

「配偶者に不貞な行為があったとき」と挙げています。

 

また、その不貞行為とは

民法上の不法行為にあたるので

不貞行為をした配偶者や浮気相手に対して

慰謝料という損害賠償請求をすることが出来ます。

 

注意点として不貞行為とは

婚姻外の異性と性的関係を結ぶことを言いますので

婚姻外の異性と食事をしていたり

映画を観に行ったりしていても不貞行為には当りません。

 

不貞行為を理由に離婚・慰謝料請求するポイント

 

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

不貞行為を理由に離婚慰謝料請求する為のポイントは

その不貞行為を立証のための証拠集めが重要なポイントです。

 

では、どのような証拠が有力となるのか

いくつか例を上げて紹介したいと思います。

 

メールやLINEの履歴

 

浮気不倫の定番と言えば

メールやLINEなどですが

単に会っていたことを示す内容で

不貞行為を立証するに不十分です。

 

必ず性的関係があったことが

客観的にわかる文面が重要です。

 

領収書や明細や日記

 

ラブホテルの領収書や

クレジットカードの明細書など

また、友人らの目撃情報なども証拠になります。

 

不貞行為を疑える配偶者の言動や行動を

日記等にも記録しておくことが役に立つ場合もあります。

 

例え不貞行為の立証に不十分な小さな証拠でも

積み重ねることで不貞行為の立証 が奏功する場合もあります。

 

ビデオ・写真・録音テープ

 

最も有効的と言える証拠は

不貞行為を撮影した

ビデオや写真や録音テープなどです。

 

ところが性的行為(セックス)の

ビデオや写真や録音テープを

入手することは通常困難でしょう。

 

よって、ラブホテルに出入りする写真なども

不貞行為を裏付ける有力な証拠の一つとなります。

 

配偶者や浮気相手が不貞行為の事実を認める

そんな内容を録音した録音テープなども有力です。

 

単なるデート現場 を撮影した写真や

ビデオも無意味とは言いませんが

それだけで性的関係を証明する証拠としては不十分です。

 

ラブホテルに出入りする写真など

有力的な証拠集めは専門の探偵に依頼しましょう。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る