浮気裁判で有効な証拠となるレシート,領収書,明細書

レシート

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気裁判と言えば

離婚請求

慰謝料請求

などが考えられますが

その時に有効となる証拠の1つとして

レシート,領収書,明細書などがあります。

 

浮気調査の結果で

裁判になった場合は

浮気証拠となる

明らかな物証が必要です。

 

例えば、浮気相手と一緒に泊まった

ホテ ルの領収書明細書などや

一緒に食事をしたレストランのレシートなど

それらが浮気の有力な物証となることがあります。

 

レストランで食事したレシートでは

仕事相手との会食だったとか

相手も言い逃れをしてくるでしょうが

流石にホテルの領収書ともなれば

言い逃れは出来ないでしょう。

 

用心深い人なら領収書レシート明細書など

浮気の物証を残すようなことはしないでしょうが

お酒に酔って知らずとポケットに入れることもあります。

 

それが妻や夫に発見されて

問い詰められた挙句に

仕方なく白状してしまった

そんな事例も多くあるのです。

 

そもそも浮気というものは

夫婦のどちらか一方がアリバイを作って

もう一方に対し内緒で隠して行うものですから

このアリバイが崩れてしまえば

そのまま浮気の露見という結果になります。

 

浮気調査とはアリバイ崩しである

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

といっても過言ではないと思います。

 

こうした場合のアリバイ崩しに

最も有力なものとなるのが

浮気の密会という場所や行為の

物証となる領収書レシート明細書なのです。

 

まぁ、性行為専門とも言える

ラブホと言われるようなホテルなどでは

領収書というもの自体の発行しないので

そのような物証が残ることもないのですが

シティホテルなどの一般的なホテルでは

食事をしても部屋を利用しても

領収書明細書は発行されます。

 

仮に用心深く始末したとしても

浮気調査のプロである探偵などに依頼すれば

探偵が浮気相手同士がホテルに入るところを

目撃確認し全ての様子を写真や動画に撮ります。

 

また、領収書明細書をホテルロビーの

ゴミ箱に捨てる人が多いですが

探偵は見逃さずゴミ箱から証拠を確保します。

 

その写真や動画及び領収書明細書

浮気(不貞行為)を立証する明らかな物証として

裁判でも言い逃れが出来ず有力な証拠になります。

 

浮気した者からすれば

肖像権の侵害を主張することも出来ますが

それを主張することは浮気現場に居たことを

自ら白状することになってしまうので

それも出来ずに八方塞がりになるのです。

 

確実に確固たる証拠を得たいなら

プロの探偵に相談すること必須です。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る