肉体関係ないプラトニックな浮気は法的に慰謝料?離婚できる?

キス

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

浮気不倫とは

夫や妻以外の異性と

肉体関係を持つことです。

 

そこで疑問ですが

肉体関係のないプラトニック浮気

法律的に慰謝料請求離婚請求

出来るのか?認められるのか?

そんな疑問に迫ってみたいと思います。

 

肉体関係のないプラトニックな浮気

 

夫や妻が他の異性と食事やドライブなどのデートや

ラブラブメールやキスをしていたとしても

法律的に離婚請求は出来ても慰謝料請求は厳しいです。

 

なぜなら肉体関係とは性行為でありセックスを意味し

その事実がなければ一般的に浮気であっても

法律上の浮気である「不貞行為」にはあたりません。

 

あくまでも肉体関係があったか

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

性的関係があったか否かが問題となります。

 

ただし、肉体関係伴わないプラトニック浮気

不貞行為として離婚請求は出来ませんが

この事が婚姻関係の破綻の原因になれば

「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚請求は可能です。

 

但し、不貞行為とは言えないので

裁判での慰謝料請求は厳しいかと思われます。

 

一回のセックス(肉体関係)

 

一夜限りの浮気

たった一度のセックスという肉体関係

法律的に不貞行為として認められ

慰謝料請求離婚請求は出来るのでしょうか。

 

一回だけの肉体関係を伴う浮気

法律的には立派な不貞行為にあたります。

 

但し、裁判で離婚原因として認められる不貞行為とは

ある程度の継続的に肉体関係と伴うものではないと

不貞行為として離婚が認められることは難しいのです。

 

不貞行為を立証し離婚するには

継続的な不貞行為肉体関係)を立証する必要があります。

 

残念ながら過去の裁判例で

一回限りの不貞行為を理由に

離婚請求を認めた判例は御座いません。

 

ただし、一回だけの不貞行為が許されることではなく

たとえ一回だけの不貞行為であっても

この事が原因で婚姻関係を破綻させたと

裁判所で「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたると

判断されれば認められる可能性も十分に考えられます。

 

そして不貞行為をしたら最後

必ず離婚されると言うわけではありません。

 

有責配偶者(不貞行為をした側)が深く反省し

健全な夫婦関係や家族関係を希望している

または未成年の子供の利益を考慮することで

裁判所が離婚請求を棄却した判例もあります。

 

確実に離婚したい

確実に慰謝料を得たい

それには確かな証拠が必要です。

 

先ずは匿名で無料相談できる

探偵さがしのタントくん

街角探偵相談所に相談し

アドバイスを得ることが大切かと思われます。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る