違法で集めた浮気不倫の証拠は裁判で認められるのか?

パソコンチェック

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

いくら夫婦と言えども

お互いのプライバシーは

大切にしたいものですが

浮気不倫の疑いがある場合は

そうも言っていられないと思います。

 

もし少しでも浮気不倫の疑いが生じれば

実際に浮気不倫の事実があるかどうか

はっきりさせたいと思う人は多いでしょう。

 

しかし、配偶者に単刀直入に聞いても

しらを切られてしまう可能性が高いです。

 

そこで後ろめたく思いながらも

密かに配偶者のカバンや机の引き出しの他に

携帯電話や手帳やパソコンをチェックしたりして

万が一、証拠を発見してしまったら

その証拠を写真やコピーして収集するでしょう。

 

浮気不倫の証拠を押さえておけば

仮に離婚することになった場合でも

交渉話を有利に進めることが出来ます。

 

しかし、そう言った

浮気不倫証拠を集める為とは言えども

配偶者の私物やメールを勝手に覗き見する行為は

法的に問題ないのだろうかという疑問と

万が一、離婚裁判になった時に相手のプライバシーを

侵して集めたものでも証拠として認められるのだろうか

という疑問が生じてくることでしょう。

 

結論

 

先ず、配偶者のメールを盗み見することが

法的に問題ないのかという点としては

形式的にプライバシー侵害にあたるとされる

可能性が多いにあり問題が無いとは言い切れません。

 

それでも浮気不倫証拠として

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

裁判所に提出した場合どうなるのか?

 

先ず言えることとしては

刑事裁判の場合は手続的な正義が重視され

違法な手段で収集された証拠に関しては

証拠能力として認められないと言うのが現実です。

 

ところが、浮気不倫の離婚裁判

慰謝料請求裁判の場合は民事裁判となります。

 

民事裁判の場合に関しては

証拠能力は刑事裁判に比べて

緩やかな基準で判断されており

違法に収集された証拠であっても

著しく反社会的な方法で収集したものでない限り

証拠として認められる可能性が高いと言えるのです。

 

実際の裁判不貞行為浮気不倫)の

事実を立証する為に提出される証拠としては

配偶者の携帯電話やパソコンに保存されていた

メールや画像の写真

データのバックアップ

日記や手紙のコピー

ホテルや浮気相手自宅の出入り現場写真

その他

これらについての証拠能力そのものを

争われるケースは滅多になく

裁判官も素直に証拠として採用した上で

不貞行為の事実認定の根拠として使用します。

 

その中でも浮気不倫の専門家である

探偵の調査報告書という証拠

配偶者の浮気不倫を明らかに立証する

最強の証拠と言えること間違いのない事実です。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る