配偶者(夫・妻)の浮気相手に慰謝料請求は出来るのか!?

慰謝料請求

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

配偶者の浮気不倫

配偶者に対して

慰謝料請求出来ることは

当たり前のこととして

皆さんご承知でしょうが

その配偶者の浮気相手にも

慰謝料請求が出来ること知っていますか!?

 

浮気相手に対する慰謝料請求

 

夫婦の一方が

異性の愛人と

不貞行為浮気不倫)をした場合

その損害を被った配偶者は

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

貞操義務に違反した配偶者と

異性の愛人に対して

貞操権侵害による

精神的苦痛の慰謝料として

損害賠償を請求することが出来ます。

 

不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか

自然の愛情によって生じたものかは関係なく

不貞行為自体に明らかな違法性があるとして

裁判所では慰謝料の請求を認めています。

 

これら民法の規定を根拠にして

共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し

精神的苦痛を受けた配偶者は

慰謝料として損害賠償の請求をすることが出来るのです。

 

慰謝料請求が認められない場合

 

但し、夫婦関係が既に破綻している状態で

その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合は

愛人との不貞行為と夫婦関係の破綻に対し

何ら因果関係は認められないので

不貞行為を理由にした慰謝料請求は認められません。

 

これは別居中に限らず

同居中であっても

既に家庭内別居の状態であると

客観的に判断されれば

破綻後の関係とみなされ

慰謝料請求が認められない場合があります。

 

他にも、不貞行為をした配偶者が

結婚をしていることを隠していて

異性の愛人にも過失がなく

結婚をしていることを知ることが

不可能であった場合や

配偶者が愛人に対して

暴力や脅迫によって

関係を持った場合なども

愛人に対しての慰謝料の請求は困難です。

 

過去の判例から見ても

責められるべきは貞操義務に違反した配偶者であり

不貞行為の内容によっては

異性の愛人に責任は問えないという場合もあります。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る