36年前の浮気が原因で妻が夫を暴行殺害

老夫婦

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

女の執念は怖いニュースです。

なんと36年前の浮気が原因で

浮気をされた妻が浮気をした夫を

介護中に暴行殺害した事件の判決で

執行猶予がつきました。

 

暴行殺害のきっかけは

36年前の夫の不倫という浮気だった。

 

東京は目黒で昨年の7月

介護していた夫(当時79歳)を

殴って死なせたとして

傷害致死の罪に問われた妻 (71歳)の

裁判員裁判の判決が25日に出ました。

 

東京地裁の島田一裁判長は

「夫の不倫を思い出して不満がこみあげ

暴力に及んだ」と認める一方で

「反省して いる」として

懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

 

判決によると被告は夫の介護を続けていた

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

昨年7月24日に東京都目黒区の自宅で

夫の頭や顔を数回殴り

同年8月2日に急性硬膜下血腫で死亡させた。

 

被告の妻は約50年前に

大手銀行員の夫と結婚し

夫の退職後も生活に不自由はなかった。

 

ところが昨年の2月に

胃がんなどの手術をした

夫は介護が必要な状態になった。

 

法廷で被告の妻は

「あまりに急な介護で

心の準備が追いつかなかった」と証言した。

 

そんな時に36年前の

辛い苦い記憶 が脳裏に蘇ったという。

 

1979年の夫は45歳で被告は36歳だった。

 

夫はゴルフだと言って

よく泊まりがけで出かけた。

 

ある日のこと

夫の名刺入れから

女性の写真を見つけた。

 

夫の職場前で待つと

20歳ぐらいの女性と一緒に出てきた。

 

そのことに対し

夫は浮気と認め謝罪した。

 

被告は20歳で夫と結婚して以来

夫以外の男性と交際したことはないという。

 

浮気発覚後も子どもに夫婦げんかは見せまいと

自ら我慢をして夫を責め立てることはしなかった。

しかし、一昨年から夫婦の思い出話をする中で

ふと浮気が話題にのぼったという。

 

夫は時効と思ったのか

女性を次第に好きになり

旅行に行ったことな どを打ち明けた。

 

「妻としては、一番聞きたくないことでした」と

被告は法廷で話した。

 

そこに介護の不安が重なり

つい犯行に及んだと説明した。

 

保釈後にカウンセリングを受けた被告は

「もっと夫に頼って、甘えれば良かった」

「お互いに本心をぶつけ合う機会だったのに、逃してしまった」

と過去を振り返った。

 

判決を言い渡した後に島田裁判長は

「被害者との約50年間の思い出は

楽しいこともあったはず。

感謝の気持ちを忘れず弔ってください」と諭し

被告は涙ぐんでうなずいた。

 

判決後に裁判員ら4人が会見に応じ

実家で母親が父親を介護する20代の女性は

「母も不満がたまっているかもしれない。

自分も改めて家族を見つめ直そ うと思う」。

 

補充裁判員を務めた男性(34歳)は

「身近に起こりうると感じた。

家族でコミュニケーションをとり

不満をためないことが大切と感じた」と話し た。

 

女性の恨み辛みは消えないものです。

まして浮気ともなれば尚更のことです。

 

今の浮気は今解決すること

おすすめ致します。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る