夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

本日は「夫に許してもらい離婚回避する方法」の紹介です。つい、浮気や不倫をしてしまったが家庭を壊すつもりはなかったので離婚だけは避けたい!という不倫妻も少なくありません。

しかしながら、夫である男が一旦離婚を言い出せば、それを回避するのは困難な場合が多いです。

そこで今日は仮に夫から離婚を告げられても元通りに夫婦関係を修復させる回避方ノウハウを一部紹介致しますので、参考にし詳しくは一番下のリンクから公式サイ トで確認して下さい。

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

はじめまして。

  プロ心理カウンセラー、桑島隆二  と申します。

  はこれまで

  「引きこもり」「ニート」
  「家庭内暴力」「不登校」
  「離婚」「DV」
  「うつ」「パワハラ」

  などの相談をたくさん受けてきました。

  また、以前は司法書士として活躍していたため、たくさんの離婚現場に遭遇してきました。

  離婚調停や離婚裁判なども、依頼人と二人三脚で、数多くの事件を解決してきました。

  そして離婚の相談の中でも、

  「別れたくない」

  という相談は、とても多くありました。

  「どうして夫は、家庭を捨ててしまうのか?」

  「私の悪いところは、全部なおすと言っているのに・・・。」

  多くの女性は、上記のようなことを言います。

  その気持ち、本当によくわかります・・・。

  離婚されたら、私は生きていけない。

  私の欠点をすべてなおすと言っているのに、信じてくれない。

  どうして夫は、離婚に突き進んでしまうのだろう・・・。

  離婚を突きつけられた女性はみな、このように苦しんでいるのです。

  私は人間の心理について、学問としての知識をたくさん知っています。

  しかし相談者に学問の話しは、ほとんどしません。

  なぜなら机上の学問の話しは、現実の問題解決に何の役にも立たないからです。

  現実の問題解決の役に立つのは、本当に問題が解決された事例や体験なのです。

  そして本当に問題が解決された事例や体験を、私が学問という知識で裏付けします。

  ただの事例や体験談だけでは、その人の問題を解決できません。

  なぜなら他人の体験談は、その人にすべて当てはまるとは、限らないからです。

  だから私は、本当に問題が解決できた事例や体験談を、学んだ知識で裏付けしてきました。

  こうやって、より多くの人にあてはまるようにして、多くの人を助けてきました。

  このように悩んでいる女性に対し、私がズバリこう言ってきました。

  「自分の欠点をすべて直しても、夫は戻ってきませんよ。」

  こうやって言うと、みなさん、あっけにとられてしまいます。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

  妻は、自分に欠点があるから夫の気持ちが離れてしまった。

  だから、自分の欠点を直せば夫は戻ってくるはずだ、と考えています。

  ところがいくら欠点を直すと言っても、夫は絶対に聞いてくれないのです。

  なぜなら夫が離婚したい本当の理由は、妻の欠点ではないからです。

  妻は、夫が離婚したがっている本当の理由を、知らないのです。

  夫が自分を嫌いになった本当の理由をわかっていないから、修復できないのです。

  この勘違いに気がつかない限り、永遠に修復はできません。

  夫婦がうまくいかなくなる原因のほとんどは、

  「夫婦が異性のことを、お互いにまったくわかっていない」

  というものです。

  結婚当初、夫の生活習慣の違いに、驚きませんでしたか?

  ご飯の食べ方、部屋の片付け、生活リズムなど、あまりの違いに驚いたはずです。

  しかしこの驚きは「育ってきた生活環境の違い」が原因ではないのです。

  例えば男同士、女同士が相部屋で寮生活をしても、こんな驚きは絶対にありません。

  つまりこの驚きは「異性による習慣の違い」が原因なのです。

  あなたが結婚当初、夫の行動や生活習慣にとても驚いたとします。

  ということは、男性という生き物がどうやって生活するかを、知らなかったということです。

  たとえば妻は、1日はいた靴下を、洗濯かごの決められた場所に入れます。

  ところが夫は、1日はいた靴下を、決められた場所に置くことができません。

  これは、うちの夫だけができないわけではないのです。

  男の中には、靴下を決められた場所に置くことができない人が、一定数いるのです。

  「男とは、そういう生き物だ。」ということを知らなかったから、こうなったのです。

  妻は、夫が自分に何を求めて結婚したのか、本質を理解していません。

  だから、自分の欠点を直せば何とかなる、と考えてしまいます。

  ところが夫が妻に求めるものは、妻の役割、妻の立場などではありません。

  夫が妻に求めたものはズバリ「女性」と「母親」です。

  男性は女性が想像する以上に、本当に女性が大好きです。

  個人差はありますが四六時中、女性のことばかり考えている男性もいます。

  そして男性は、頭の中で想像した女性のことを、絶対に妻に言いません。

  男同士では盛り上がりますが、絶対に女性には言わないのです。

  とにかく男性は、女性が本当に大好きなのです。

  また夫は、妻に女性としての役割に加えて「母親」の役割も求めます。

  母親とは、自分のお世話をしてくれるだけではありません。

  自分が成功したときは褒めてくれて、失敗したら慰めてくれます。

  ときには、厳しく叱責して励ましてくれることもあるでしょう。

  このように夫は、妻に女性と母親の両方を求めているのです。

  妻が自分の欠点をなおすというは、母親のお世話係の部分だけを言っています。

  夫にとって母親とは、お世話係の役割だけではないのです。

  だから、お世話係の部分だけきちんとしますといわれても、夫は納得しません。

  そもそも夫は、女性と一緒にいたいから、結婚したのです。

  夫が妻と離婚したがるのは、妻に女性をまったく感じなくなったからです。

  夫の気持ちをこちらに取り戻すには、まずあなたが女性を取り戻さなければなりません。

  そのことをまったく理解せず、夫と修復しようとしても、ダメです。

  妻の皆さんは、男性という生き物を、難しく考えすぎています。

  男性という生き物は、女性よりもずっと単純でわかりやすい生き物なのです。

  夫に他の女性がいるのに、夫と修復しようとしても絶対に無理です。

  夫に女性がいる場合は、夫と女性を別れさせることが何よりも最優先です。

  これをやらずして、夫と修復できることなど、あり得ないのです。

  「夫に何度も女性と別れるように言っているのですが、全然聞いてくれません。」

  という相談がよくあります。

  実は、夫にいくら「女性と別れるように」といっても、まったくの無駄です。

  夫と女性を別れさせるには、その女性に直接、別れるように伝えなければなりません。

  恋愛は自由ですが、そもそも不倫は不法行為による損害賠償請求の対象なのです。

  だから正々堂々と、妻として相手女性に「別れろ!」と言っていいのです。

  ところが、言う度胸もないし、言い方、伝え方も全く知りません。

  だからいつまでたっても、夫と相手女性はくっついたままなのです。

  本当に本気で夫を取り戻したいのなら、勇気をふりしぼって、やらなければいけないのです。

   
  離婚を回避するのに一番いい方法は、実際に離婚を回避できた人のやったことを、マネすることです。

  夫に他の女性がいるなら、先に別れさせなければいけないのは、当たり前のことです。

  そして相手女性への手紙の書き方は、すべて同じパターンで通用します。

  不倫女性が、本妻から強烈に損害賠償請求を予告されたら、まちがいなく不倫の恋は冷めます。

  もちろん、不倫の恋を冷めさせるのに十分な「強烈さ」は必要です。

  また夫から離婚調停を起こされた場合も、同じパターンで対応できます。

  夫側からの離婚請求は、女性という生活弱者を切り捨てることになります。

  そのため夫は、離婚理由について調停委員や裁判官の同情を得られにくいのです。

  だから妻側から離婚調停を不成立にもっていくには、女性の弱さを出してしまえばいいのです。

  このやり方は、ほぼ同じパターンで大丈夫なのです。

  もし妻の方が「不倫」をしてしまい、夫から離婚をせまられた場合は、ちょっと難しくなります。

  このような場合は、離婚調停を引き延ばして時間を稼ぎます。

  そして時間を稼いでいる間に、自分の女性らしさを、もう一度夫にわかってもらうのです。

  このようなやり方は、離婚を回避できた妻のパターンをマネすればいいのです。

  男性というのは、考え方や行動パターンが、女性よりも明確でわかりやすいのが特徴です。

  そのため、離婚を回避できた妻のパターンをマネすることは、とても有効なやり方なのです。

  繰り返しますが、男性というのは、女性が思う以上に、女性が本当に大好きです。

  そして男性というのは、女性が思う以上に、シンプルでわかりやすい考え方をしています。

  夫が妻に求めていることも、ほとんど同じなのです。

  しかし、夫は妻に、

  「自分は、どれほど女性が好きか?」

  「妻に求めている役割は、これです。」

  ということを絶対に言いません。

  とめどなく話しあっているうちにわかりあえる、というのは女性の考えです。

  男性は、論理性のはっきりしない会話は、好きではありません

  また女性に「自分の頭で想像した女性のこと」は絶対に言えないのです。

  そのようなことを、妻が十分に理解できればいいのです。

  そうすれば、離婚を回避できたパターンをマネして、修復できるのです。

  私はこれまで、そのような話しを、本当にたくさんしてきました。

  知人の紹介ですから、ボランティアで話しをしてきました。

  そして、全力で自分のすべてを出し切って、アドバイスをしてきました。

  とにかく、協力を惜しみませんでした。

  そのような姿勢と態度が、さらなる相談者を呼んでくるのかも知れません。

  ただ私は、毎回毎回本当に同じ話しばかりしていることに気がつきました。

  ふと同じ話しをひたすら繰りしているのは、効率が悪いのでは、とも思いました。

  しかし私は、みなさんと直接会ってお話をすることができません。

  そこで私は自分が5時間かけて話す内容を、

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

  というマニュアルという形にして、次のようにまとめました。

  私と直接お話しできない方に、どうしたら私の伝えたいことを簡単に確実にわかってくれるだろうか?

  そして読んだ方が誰でも簡単に理解できて、今すぐに実行できるだろうか?

  そのため、

  「わかりやすさ」

  「すぐに簡単に実行できる」

  ことに重点をおいて、全身全霊をこめて全力で書きました。

  ページ数は、PDF形式でA4サイズ159ページにもなりました。

  またこのマニュアルには、特典として次のような1時間47分53秒にも及ぶ音声の解説をお付けいたしました。

  音声による解説では、マニュアルに書ききれなかったことを、たくさん話しています。

  音声による解説を聞けば、さらにわかりやすく修復の方法が理解できます。

  このマニュアルと音声による解説を、合わせて利用してください。

  すると、私のカウンセリング5時間分を直接受けているのと、同じ体験ができます。

この続きが知りたい方は公式サイトへ▶

矢印

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る