妻に許してもらい離婚を回避する方法

妻に許してもらい離婚を回避する方法

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

本日は「妻に許してもらい離婚回避する方法」を紹介致します。基本的に男が浮気不倫するのはオスの本能であるという生き物ですが、それが妻にバレた時に後悔することとなります。仮に妻が浮気不倫を許してくれれば良いですが、今の妻は社会進出し経済力もあるので一発レッドカードとなる「離婚」というカードを叩きつけられる場合が増えています。

でも、不倫は法的に不貞行為となり駄目なことですが、一般的な夫は場合は浮気は浮気であり本気でないという方が多いので復縁を望みます。そんな復縁を望む夫が妻に離婚を告げられた時に、その離婚を回避する方法があるとのことで、一部を下記へ紹介しますので参考にし詳しくは一番下のリンクから公式サイトで確認して下さい。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

はじめまして。

  プロ心理カウンセラー、桑島隆二  と申します。

  はこれまで

  「引きこもり」「ニート」
  「家庭内暴力」「不登校」
  「離婚」「DV」
  「うつ」「パワハラ」

  などの相談をたくさん受けてきました。

  また、以前は司法書士として活躍していたため、たくさんの離婚現場に遭遇してきました。

  離婚調停や離婚裁判なども、依頼人と二人三脚で、数多くの事件を解決してきました。

  そのため、離婚問題ついて、相談しやすい雰囲気があるのかもしれません。

  しかし、いくら経験豊富で心理学をたしなんでいたといっても、知人の紹介です。

  ご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、雑談のような形で相談にのっていました。

  その中で妻から離婚をせまられている夫から

  「どうして妻は許してくれないのか」

  「こんなに一生懸命、謝っているのに・・・」

  という相談はとても多くありました。

  その謝罪したい気持ち、本当によくわかります・・・。

  自分に罪の意識があるのだから、誠意を持って謝罪したいと。

  そして、どんな償いでもするから、自分を許して欲しいと。

  だから、離婚だけはしないで欲しいと・・・。

  そこまで謙虚に反省している人に対して私はいつも、ためらいなくストレートにこう言ってきました。

  「ごめんなさい、で許してもらえるわけがありませんよ。」

  こうやって言うと、必ず全員、絶句します。

  でも、考えてみてください。

  ごめんですむなら、警察はいらないって格言(?)ありますよね。

  「ごめんなさい」ですむなら、1年間に離婚件数が25万組もあるはずがありません。

  「ごめんなさい」じゃすまないから、離婚の話しはもめるのです。

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも「ごめんなさい」で済むことなどほとんどありません。

  「ごめんなさい」じゃすまないから、人間関係はトラブル続きで、誰でも悩むのです。

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも、ごめんなさいで済むことなどほとんどありません。

  「心から謝罪すれば誠意は伝わる」

  「冷静に落ち着いて話し合う」

  「心を開いて話し合えばわかりあえる」

  なんてアドバイスがあったとしたら、それはありきたりの話しです。

  もちろん落ち着くことは必要ですし、心を開くことも大切でしょう。

  しかしそんな当たり前の話しで、妻の怒りが静まって許してもらえるなら、誰も離婚問題で悩んだりはしないのです。

  真剣に反省しているから誠意ある対応をしようとしているのに、妻に許してもらえないから困っているのです。

  そして妻に許してもらえないまま、とうとう離婚が成立してしまい、孤独でさみしい人生を過ごすことになるのです。

  妻が怒っているのは

  「自分が浮気をしたから」

  「自分が妻に手をあげてしまったから」

  と誰しもが答えます。

  それではお聞きしますが、どうして妻はあなたの浮気に怒っているのですか。

  妻はあなたのことが大好きなのに、他の女性と仲良くしたのが気に入らないのですか。

  大好きなあなたとケンカしたことがショックで、離婚するのですか。

  そんなこと、絶対にありえないことぐらい、誰だってわかります。

  つきあいはじめて間もないカップルじゃないんです。

  結婚して何年もたてば、恋愛感情がなくなるのは誰でもわかる常識です。

  それならば、妻はどうしてそこまで怒っているのか?

  その理由を勘違いしているから、間違った対処法をしてしまうのです。

  そしてもし間違った対処法をしてしまうと火に油を注ぐことになります。

  妻の怒りはさらに激しくなって、離婚は一気に加速します。

  よくやる間違いとしては

  「母子家庭では生活が大変だよ

  「女性は離婚すると経済的に損をする

  「離婚は子供の教育によくない

というものです。

これらの言い分は、ある一面でとても正しいので、
男性はついついこのようなことを妻に言ってしまいます。

しかしこのような発言は、時期やタイミングを間違えると、
妻の怒りはさらにいっそう爆発するのです。

実際「母子家庭では生活が大変だよ」等の発言で
妻を冷静にさせることは100%不可能です。

それどころか、かなり高い確率でさらに離婚が加速します。

妻に離婚をせまられていてあせっている夫は、
このようなこともわからなくなっているのです。

このようなことは、怒りというのを心理学からきちんと把握すれば、
誰でもわかるようになります。

離婚を回避するのに一番いい方法は、
実際に離婚を回避できた人のやったことを、マネすることです。

人が怒る理由に、それほど大きな差はありません。

浮気やDVをされた妻が怒って離婚をせまる理由は、
A妻もB妻も大差ないに決まっています。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

それなら妻の怒りを静めて離婚を回避できる方法だって、A妻もB妻も大差ないのです。

だから、難しい心理学の話しを、きちんと理解する必要などありません。

成功者は誰でも、他の成功者のマネをすることから始めます。

だからあなたは現実に離婚が回避できた人と、同じ事をすればいいだけなのです。

マネをするというのは、考えなくてもよいですから誰でも簡単にできることです。

そして成功事例のマネをするということは、はるか大昔からの成功法則の鉄則なのです。

私はこれまで、多くの「離婚したくない夫」の相談をたくさん受けました。

しかし、話している内容はほとんど同じです。

相談者は、個人的な事情を一生懸命話します。

しかし私は誰に相談されても、同じことばかり答えているのです。

「妻の離婚の決意は、本当にとても固いです。」

「こんな状態で、妻に離婚を取り下げてもらえるのでしょうか?」

  ということを、必ず全員が言います。

  そして相談者は自分の悩みがいかに特殊であるかを話すのです。

  しかし私は「あぁ、また同じか」といつも私は思っています。

  まずはじめに、離婚調停は1年間で約6万件ですが、
離婚調停で離婚が成立するのは約3万件です。

  ということは離婚が成立しなかったあとの約3万件は、どうなったのでしょうか?

  実は離婚調停が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行して続けられています。

  ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っているのです。

  だから、あなたは離婚回避という十分に可能性のあることをやろうとしているのです。

  そこでまずは「離婚回避はできる!」と信じてください。

  そんな話から、私の話す時間はだいたい5時間にも及びます。

  なぜなら、それぐらい時間をかけて話さないと、人は理解できないからです。

  相談者の話を聞くと、みなさん修復のためにいろいろ努力されています。

  しかしその内容を聞くと

  「それは絶対やっちゃいけないでしょ!」

  ということを、修復のためと思い平然とやっているのです。

  たとえば、

  ・離婚したくて行方をくらました妻の会社に電話をかけ、居場所を聞き出そうとする。

  ・実家に帰ってしまった妻に対して、冷静にさせた方がいいと思い2ヶ月も放置したまま。

  ・自己流で妻に手紙を書いたが、書いてはいけないことを書いて余計に離婚を加速させる。

  ・生活費の扱いに問題があるのに、まったく気がついていないので、話題にしていない。

  ・妻が嫌がっているのに、とにかく妻の実家に押しかけて会って話しがしたいと要求する。

  上記のことは、修復のためには絶対にやってはいけないことです。

  状況からして、修復の可能性は十分にあるのです。

  しかし、どうして離婚を加速させるようなことを平気でするのか、と私はいつも思います。

  もちろん、相談者に悪意などまったくありません。

  あせってしまったり、どうしていいかわからなくなってしまって、悪い方へ行動してしまうのです。

  「それは絶対やっちゃいけないでしょ!」ということをやっている方は、本当に多いのです。

  そこでまず最初に、事態を悪化させる行動をやめさせることを、一生懸命アドバイスします。

  それから、相談者にゆっくりと話しをはじめていきます。

  私は人から真剣に相談されると、適当に答えることは絶対にありません。

  相手が本当に真剣なのだから、こちらも自分の力をすべて出し切らなければ、相手に失礼だと思うからです。

  だから知人の紹介であれば、お世話になった知人が助けを求めているのと同じなのです。

  ボランティアではありますが、全力で自分のすべてを出し切ってアドバイスをしてきました。

  とにかく、協力を惜しみませんでした。

  そのような姿勢と態度が、さらなる相談者を呼んでくるのかも知れません。

  ただ私は、毎回毎回本当に同じ話しばかりしていることに気がつきました。

  ふと同じ話しをひたすら繰りしているのは、効率が悪いのでは」とも思いました。

  しかし私は、みなさんと直接会ってお話をすることができません。

  そこで私は自分が5時間かけて話す内容を、

妻に許してもらい、離婚を回避する方法

  というマニュアルという形にして、次のようにまとめました。

  私と直接お話しできない方に、どうしたら私の伝えたいことを簡単に確実にわかってくれるだろうか?

  そして読んだ方が誰でも簡単に理解できて、今すぐに実行できるだろうか?

  そのため

  「わかりやすさ」

  「すぐに簡単に実行できる」

  ことに重点をおいて、全身全霊をこめて全力で書きました。

  ページ数は、PDF形式でA4サイズ163ページにもなりました。

  またこのマニュアルには、特典として次のような2時間超にも及ぶ音声の解説をお付けいたしました。

  音声による解説では、マニュアルに書ききれなかったことを、たくさん話しています。

  音声による解説を聞けば、さらにわかりやすく修復の方法が理解できます。

  このマニュアルと音声による解説を、合わせて利用してください。

  すると、私のカウンセリング5時間分を直接受けているのと、同じ体験ができます。

この続きが知りたい方は公式サイトへ▶

矢印

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る