ダブル不倫(W不倫)で女性が妊娠した場合の法的な父親は!?

俺?私?

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

既婚同士の不倫をダブル不倫(W不倫)と言いますが、ダブル不倫をしている男女間で女性が妊娠した場合の子供の父親は誰なのか?もちろん事実上は不倫相手が父親ですが法律的にはどうなるのか?をテーマに考えてみたいと思います。

 

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

不倫男性の子?夫の子?

ダブル不倫で女性が妊娠した場合、生物学的はでは妊娠させた不倫男性の子となりますが、法律的には夫の子ということになります。仮に妊娠してから夫と離婚をして、妊娠させた不倫男性と再婚をしたとしても、法理的には夫との婚姻期間中に生まれた子として扱われ、実際に妊娠させた不倫男性の子とならず、夫の子となるのです。

ダブル不倫された夫からすれば、生物学上は自分の子と違うのに法律的に自分の子という結果に戸惑うかと思われますが、生物学的は妊娠させた不倫男性の子であっても、法律的には養育費を支払う、扶養義務があるのです。

もちろんダブル不倫された夫は慰謝料請求をすることができますが、一般的には支払わなくてはならい養育費の方が高くなり、経済的には支出の方が多くなるというのが現実です。

 

ダブル不倫された夫の対応

ダブル不倫された夫は子の出生から1年以内に裁判所に「嫡出否認」の手続きを1年以内にする必要あります。

1年を経過した後になって、例えDNA鑑定を行い親子関係がないことが証明されても、嫡出推定は覆らない結果となりますので、当事者が誰も協力しない場合は法律的に親子関係を断ち切る方法が存在しません。

夫や妻のダブル不倫を疑うなら少しでも早く全貌を暴き対応する必要があるかと思われます。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る