不倫の慰謝料が増減する要因とは!?

慰謝料請求

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

結婚して夫婦となり夫や妻が不倫をして離婚するも慰謝料問題が生じてきます。一般的に不倫での慰謝料は200万円~300万円だと言われていますが、その要因によっては30万円から500万円などと幅は大きく広がります。では、何を要因として慰謝料が増減するのでしょうか、今日は、その辺りを解説したいと思います。

 

破綻原因

先ずは法的に言う不貞行為(以下「不倫」という)が原因で夫婦関係が破綻したのか、それとも不倫が行われる前から既に夫婦関係は破綻していたのかによっても慰謝料に大きく増減が生じます。

つまり、不倫によって夫婦関係が破綻した場合の慰謝料は増し、不倫前から破綻していた場合は減となります。

 

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

同居・別居

先の破綻原因にリンクされる要因ですが、不倫前から別居していた場合は、不倫前から夫婦関係は破綻していたと判断され慰謝料が減額される可能性が高く、不倫が発覚してから別居した場合は、不倫が原因で夫婦関係が破綻したと判断され慰謝料が増額される可能性が高くなります。

 

婚姻期間

結婚してからの婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料は増します。

 

子供の有無

子供がいる場合は慰謝料が増します。

 

不倫相手の認識

不倫相手が本人を既婚者だと知らずに交際し過失もない場合は慰謝料の発生はしませんが、既婚者だとしりながら交際していた場合や、知らずとも何らかの過失が認められた場合には慰謝料が発生します。

 

本人の態度

不倫が発覚して直ぐに謝罪するなどすることで慰謝料が減額される可能性もありますが、逆に開き直り悪態を繰り広げると慰謝料が増額される可能性もあります。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る