浮気調査で白なら0円▶

LINEの新機能リアルタイム位置情報で不倫(浮気)を暴く方法

LINE

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

2015年8月19日にサービス開始されたLINEのリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」という新機能で夫や妻の不倫浮気)を暴くという方法を教えます。

これは「ヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイスゴイ」と驚くばかりの機能で、あなたの夫や妻が今現在何処に居るのかリアルタイムで確認することが出来ます。

もちろんこの機能は不倫浮気)用ではないですが、夫や妻の不倫浮気)を暴く機能として十分に使える機能と言えるでしょう。

今まであった位置情報送信サービスは送信する側が任意に場所を変えることが出来ます。例えばホテルに居ながら駅に変えて送信することができるので意味をなしません。

ところがこのリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」はリアルタイムで動きますし場所もかなり詳細に出てきます。

以下、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」の詳細です。

目印のわかりにくい場所や混雑している場所での待ち合わせでも連絡不要で迷わず合流でき、子どもや高齢者の居場所確認など、大切な家族の安心のためにも活用可能

 

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、8月19日に、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」(iPhone・Android対応/無料)を公開いたしましたので、お知らせいたします。

 

◆LINE HERE 公式サイト http://here.line.me

「LINE HERE」は、友人・家族・グループなどアプリをインストールしているユーザー間で、お互いの居場所を簡単に共有することができるリアルタイム位置情報共 有サービスです。ユーザーは、アプリ上でグループ(シェアルーム)を作成し、位置情報を共有したい相手にLINEやfacebook、SMSなどを通じて 招待URLを送信、相手が承諾すると、お互いのアイコンが地図上に表示され、位置情報をリアルタイムに共有・確認することができます*1

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

*1:サービスの利用には、LINEもしくはfacebookのアカウントおよび認証が必要です。

 

LINE HEREでは、ユーザーが移動すると連動してアイコンも移動し、アプリの利用者同士で簡単に位置情報の共有を行うことができるため*2、例えば待ち合わせ時に、わざわざ連絡をしなくても相手がどこにいるのか把握したり、野外でのバーベキューや花火など混雑している場所でも迷わず合流できたり等、レジャーシーンでも便利に活用できます。

*2:同時に複数のシェアルーム・URLを作成・発行することができ、それぞれ200人まで参加できます。

 

また、現在地以外に、自宅・学校・会社など頻繁に訪れる場所や、目標地点を検索・設定することも可能で、位置情報を共有しているメンバーが指定した 場所に近づいたり、離れたりした際に、プッシュ通知を受け取るように設定することができます。これにより、子どもが塾に到着しているか通知だけで把握でき たり、高齢者が自宅を離れたら通知を受け取ったりと、大切な家族の安心のために利用することもできます。

 

なお、ユーザーが目的や用途に応じて利用し、適切にプライバシーを守るため、シェアルームごとに「タイマー設定」で位置情報の共有が有効な時間を設定*3 することが可能です(最大24時間まで)。さらに、個々のユーザー単位でも、自身の位置情報共有を任意で一時的にオフにすることもできるため、ユーザーの意図しない位置情報の共有が行われることはありません。

出典:LINE

 

如何でしたか!?不倫浮気)を疑う夫や妻にリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」の利用を促してみてください。不倫浮気)する夫や妻は必ず拒否します。逆に不倫浮気)しない夫や妻に断る理由もないでしょう。つまりは、少なくともリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」の利用を拒否した時点で不倫浮気)の疑いあり!ということです。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る