セカンドパートナー?新しい不倫「放し飼い婚」紹介と避妊セックスが条件

不倫

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

皆さんは「放し飼い婚」という全く新しい夫婦関係の形というか不倫の形をご存知だろうか。おそらく今の日本では一般的に理解はされないであろう夫婦関係の不倫の形を紹介します。

 

放し飼い婚

放し飼い婚とは、夫婦お互いに隠さずオープンに婚外の彼氏や彼女を作る不倫をしても許し合うという認め合うという夫婦関係のことを言います。

そして、放し飼い婚とセカンドパートナーは違います。セカンドパートナーとはプラトニックな不倫関係ですが、放し飼い婚はセックスする不倫関係です。

放し飼い婚には条件があるようで、それは不倫相手を紹介することと、不倫相手とは必ずコンドームを着用してセックスをするということです。

一般的な日本社会では婚外で彼氏彼女を作りセックスすることを倫理に反すると言うことで不倫と呼び法的にも不貞行為となりますが、お互いに認め合う不倫であれば紛争になることも無いのかもしれません。

しかしながら、例え夫婦間で認め合っていたとしても不倫相手が既婚者であればダブル不倫となり相手側から慰謝料請求など紛争になる可能性を秘めています。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

これより本件の元となった記事を引用しますが、そこに出てくる芦屋在住の夫婦は互いの不倫相手やその家族とも公認の仲で、不倫相手やその家族とも家族ぐるみの付き合いをしているという少し頭が縺れるような関係ですが皆が納得の不倫関係で紛争の余地はないようです。

本人らが納得の上である不倫が法的に違法か合法かは専門家に任せるとして、一般常識では理解し難い夫婦関係を以下、引用しますので興味ある人は読んでみて下さい。

ただし、これは異例とも言えるケースにて今の日本で不倫が不貞行為が許されることでは御座いません。この記事を見て感じることは人それぞれかと思いますが、この記事に登場するような夫婦関係は稀なケースにて一般的に不倫をすれば離婚や慰謝料という話になります。

 

ゴム着ければ不倫OK…「放し飼い婚」というヘンな夫婦関係〈dot.〉

結婚と恋愛は別だ。結婚しても婚外の誰かを愛することはある――そんな婚外での恋愛、つまり不倫を認め合う「放し飼い婚」を実践する驚くべき夫婦が存在するという。

 「放し飼い婚」は、社会学でいう「オープン・マリッジ」と呼ばれる形態だ。複数の異性と交際、その複数交際相手もこの関係を容認するという「ポリアモリー(複数愛)」の発展型である。

 さて、これまでポリアモリーの実践者から話を聞くことは極めて難しかった。実践者である30代後半女性はその事情についてこう話す。

「同性愛はまだまだ偏見の目に晒されているとはいえ、東京都渋谷区などのパートナー証明書発行のように社会の理解が進みつつあります。SMやスワッピング といった特殊性癖も、眉をひそめられることはあっても単なる個人の性癖で片付けられるもの。しかし、複数愛は『モラルの欠如』『倫理観がない』と厳しく批 判されます。だから言えません」

 こうした背景から、光が照たることのなかったポリアモリー実践者の実態について、放し飼い婚夫婦とその交際相手から話を聞くことができた。

「ママの彼氏のタナカさんとエグチさん、パパの彼女のユウコさん。コウタ君……小学5年でタナカさんの息子さん。私とは姉弟みたいなもんやねん。仲良くしてるわ!」

 こう屈託無く話すのは高校1年のミナちゃんだ。今月のある金曜日夜、彼女が暮らす兵庫県芦屋市の一軒家でパーティーが行われていた。この日は彼女の母で 専業主婦のアヤコさん(43)の誕生会だという。その席に彼女の両親の“恋人”がお祝いに駆け付け、その子どもまで同席していた。。

 アヤコさんの夫で会社経営者のリョウスケさん(49)が語る。

「若い頃、妻も私も正直モテました。真剣に好意を寄せて下さる方をお断りするのは辛いね……と、交際中、よくふたりの話題に出たものです。そのうえで、人 間とはわがままなところがある。日常接するパートナーとは違った愛をもらいたい、与えたいこともあるという話も出ました。それを認め合うという訳です。交 際相手の人数分、愛が増えます。幸せですよ」

 放し飼い婚を実践するにあたって、リョウスケさん・アヤコさん夫婦は、3つの条件を設けている。

・交際相手は互いにきちんと紹介しあう
・紹介していない、報告していない相手との交際は認めない。離婚原因となる
・交際相手とのセックスではコンドームを必ず着ける

「それさえ守っていれば私たち夫婦の間では何も問題はありません。娘が産まれてからは、交際相手のお子さんも含めて家族ぐるみでのいいお付き合いをさせて頂いています。私たち夫婦が忙しいときは、どちらかの交際相手に娘の面倒を見てもらったこともあります」(アヤコさん)

 今では夫婦互いの交際相手も含めた“親戚”のような付き合いだという。

 アヤコさんには、現在、ふたりの彼氏がいる。そのうちタナカさんは“一番手”、エグチさんは“二番手”と序列がついている。これはアヤコさんのなかでの優先順位で、夫のリョウスケさん、タナカさん、エグチさんの順だ。二番手のエグチさんが語る。

「ご主人や、一番手のタナカさんでも受け止められない何かを受け止めるのが僕の役割です。順位というか序列をつけてもらったほうが、かえって自分の役割がわかっていいです」

 ポリアモリー実践者の間では、一番手の序列がつく交際相手と何らかの事情で別れた場合、二番手が一番手に昇格することは、「あまりない」(リョウスケさん)ようだ。

 あくまでも二番手は二番手の役割に徹しなければならない。もっともアヤコさんとの関係では二番手のエグチさんも、他の交際相手女性からは一番手とされていたり三番手とされているという。

「夫婦でも、ステディな交際相手でも、1対1だと、背負うものが重過ぎます。でも複数の異性と同時進行の交際では背負うものが分散されて軽くなります。夫婦間の些細ないざこざも気にならなくなり、かえって相手(夫)に優しくなれます」(アヤコさん)

 最後に戻ってくるところは家であり、互いの配偶者という条件の「放し飼い婚」。現在の日本社会の倫理観、価値観とはかけ離れているが、歴史的には日本の みならず、海外でも多々あったもののようだ。そう考えれば、案外、人間的本能と歴史に裏打ちされた“由緒正しきもの”といえるのかもしれない。

※本文中、仮名はカタカナ
(フリーランス・ライター・秋山謙一郎)

画像:dot.

出典:Yahoo!ニュース

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る