セカンドパートナー 友達以上 不倫以下 立場による認識の違い

手を繋ぐ男女

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

セカンドパートナーという定義の認識は人によりと言うか立場により違うようです。セカンドパートナーが居る人は「セカンドパートナープラトニックであり友達以上で不倫以下の存在だから不倫ではない」と認識しており、その配偶者は「友達以上で不倫以下の存在など有り得ない、プラトニックなど信用出来ないし仮にプラトニックであっても心が通じあった時点で立派な不倫だ」と認識します。

ここで整理をしたいと思いますが、セカンドパートナーが居る人は「プラトニック」を理由に不倫ではないと主張します。とは言え高齢者以外の場合はプラトニックと言いながら実際は肉体関係にある場合が多く整理する以前の問題で法的にも立派な不貞行為(不倫)ですが、高齢者などに多いプラトニックは本当に不倫でないのでしょうか。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

人はそれぞれの立場で物を言います。よって、セカンドパートナーが居るか否かで認識は異なりますが、基本的な法律で判断するとすれば肉体関係にあるか否かが争点になるかと思います。ところが最近ではプラトニックであっても不貞行為(不倫)と判断された判例もありますので例えプラトニックであっても事実上はグレーとなります。

中には「プラトニックだから不倫ではない」と主張する妻に対し、「立派な不倫だ」と主張し弁護士を入れて訴訟準備をしているという声も多く聞きます。今後セカンドパートナーに対する裁判と判例が多く出てくるかと思いますが弁護士が依頼を受けた時点で法的に相当グレーかと思われます。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る