不倫を正当化するセカンドパートナーは違法?合法?

手を繋ぐカップル

浮気の証拠取れなかったら0円▶

夫が浮気をやめ妻を愛すようになる方法▶

今や既婚者の間で飛び交うセカンドパートナーという言葉をご存知だろうか、不倫を正当化するが如くセカンドパートナーという言葉の解釈は様々だが一般的には友達以上の不倫未満というプラトニックな関係を意味するという。ただし、これは表向きの話であってセカンドパートナーと言えども、その殆どに肉体関係があること事実です。

婚姻関係にある夫や妻をファーストパートナーとし、その他の異性と関係を持つセカンドパートナーという言葉。不倫をしている人で「これは不倫じゃない、セカンドパートナーだ」と主張する人も多いようです。そもそもセカンドパートナーという存在は法的に違法なのでしょうか?それとも合法なのでしょうか?

 

肉体関係があるセカンドパートナー

これは明らかな不倫であり仮にセカンドパートナーと言うならばセカンドパートナー事態が不倫であり違法となります。

1979年3月30日の最高裁判決で、夫婦一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、それが自然の愛情によって生じたか否かの事情に関わらず違法であり、他方配偶者に対して慰謝料を支払う義務があるとしています。

よって、肉体関係をもった本人の認識がセカンドパートナーであっても、性的関係を持った以上は立派な違法であり、慰謝料を支払う義務が生じますし離婚原因にもなります。本人がセカンドパートナーと主張しようがサードパートナーと主張しようが肉体関係を持った以上は法律上の不貞行為は不貞行為にすぎないということです。

 

ただし、1996年3月26日の最高裁判決では、配偶者と第三者が肉体関係を持った場合でも、その配偶者間の婚姻関係が当時すでに破綻していた場合、原則的に慰謝料は発生しないと判断しています。

有利に離婚する方法▶

浮気をしていなかったら0円▶

理由としては、不倫が不法行為となるのは「婚姻共同生活の平和の維持」という権利または利益を侵害するからであり、婚姻関係が既に破綻していた場合は、そのような権利または利益は保護に値しないという判断です。

よって、長年の別居など客観的に見て婚姻関係が既に破たんしていたといえる場合は慰謝料が発生しない可能性がありますが、セックスレスなどの理由だけでは婚姻関係が破たんしていたとまでは認められないケースが多いと言えます。

 

肉体関係がないセカンドパートナー

先に述べた通り「セカンドパートナー」の定義は様々だが、性交渉を伴わない肉体関係のないセカンドパートナーという関係の場合ですが「性的関係がない場合は、基本的に交友関係の範囲内として違法性は認められず慰謝料の支払い義務もなく離婚原因とはならないのが原則的な考え方です。

ところが、その交友関係が度を超している場合は注意が必要です。たとえば、肉体関係がないと場合でも、相手宅に外泊したり何日も二人きりで旅行に行ったりした場合は、セカンドパートナーと一緒にいる時間が多過ぎて夫婦共同生活をないがしろにしたという判断になり「婚姻共同生活の平和の維持」を違法に侵害したとして、慰謝料の支払い義務が認められたり、離婚原因と判 断される危険性も十分に考えられますので要注意ですし、実際にプラトニックであっても違法だと判断された大阪地方裁判所の判例もあります。

 

まとめ

不倫とセカンドパートナーは呼び名が違うだけで結果的には同じだと判断できます。ご飯とライスは違うという程度の不倫を正当化する者の都合の良い新語ということになるでしょう。

浮気調査、白なら0円▶

浮気不倫を自分で暴く方法▶

妻に許してもらい離婚を回避する方法▶

夫に許してもらい離婚を回避する方法▶

妻:ね~昨夜は遅かったけど何してたの?
夫:何してたって仕事に決まってるだろ!
妻:これでも言える? ・・・続きを読む▶

夫:昨日の昼間は何処かに出かけたのか?
妻: ママ友らとランチしてたけど何で?
夫:こいつがママ友?・・・続きを読む▶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

街角探偵相談所
ページ上部へ戻る